SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The House on Skull Mountain / 日本未公開 (1974) 852本目

ブラックスプロイテーション真っ只中に作られたホラー映画だけど、ブラックスプロイテーションとはちょっと違う不思議な作品。でもオール... いやオールモストオール黒人キャスト。アトランタにある架空のスカルマウンテンで起きるホラー事件。ホラーというか、黒人のホラー映画にありがちなヴードゥ系。でも侮ることなかれ!割りと面白い。ハイチとか奴隷とかそういう長く悲しい歴史が絡んでくるのですよ。先に書いたようにブラックスプロイテーションの要素は殆どゼロ。マイク・エバンスが演じた男だけは、ちょっとだけブラックスプロイテーション臭が漂う。マイク・エバンスは70年代のヒットシットコム「ザ・ジェファーソンズ」の息子役で有名。70年代の「グッド・タイムス」とか「ザ・ジェファーソンズ」とかで知られる凄腕白人TVプロデューサーのノーマン・レアの作品に出演していた事が多い人。でもこの人はあんまり出ないので、ブラックスプロイテーションぽくないです。でも主人公のジャニー・ミッチェルは綺麗!マーヴィン・ゲイの娘ノナ・ゲイとかに雰囲気似てる。って事は私の好きなタイプの女優さんですわね。写真が小さくなったので、こちらでどうぞ御覧くださいませ

物語はスカルマウンテンにひっそりと暮らしているポーリンお婆ちゃんが亡くなったので遺産などの事もあって、お婆ちゃんの遺言で残っている子孫がスカルマウンテンに集まるのです。お婆ちゃんは執事やメイドが居る程の資産家。集まった孫やひ孫達は、自分の祖先も集まった従兄弟たちの事も知らなかった。そこから奇妙な事が起こっていきます。お婆ちゃんは最高でしたねー。このお婆ちゃんがヴードゥを操る事が出来る。そして執事のトーマスもブードゥが出来る。この2人が最高でしたね。トーマスはかなりセクシーな感じで、男性だけど妖艶。ちょっとカリビアン系の訛りがあるのもいい。そして集まってくる孫の1人にザノーラ・クレイトンが居る。彼女は女優としてよりも、公民権活動家としての方が有名。キング牧師の下でSCLC(南部キリスト教指導者会議)でも活動。今はトランペットアワードという賞を開催している人でもある。なんでこの映画に出ていたのかは謎。

ヴードゥだと踊るよねー。ドラムのリズムでみんな踊るよねー。仕方ないよね。まあオーソドックスではあるし最後もバレバレだけど、ブラックスプロイテーションぽくないし、主人公の女性は綺麗だし、見ても損はない。ただスカルマウンテンの絵は確実にアニメでしたね。でもあの当時では中々出来た作りだと思う。でも途中のアトランタデートは要らないねー。爽やか過ぎる。あれがもっとB級なブラックスプロイテーションなら、エロエロしいんでしょうけど...

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)