SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Boss Nigger / 日本未公開 (1975)

Cast >> Fred Williamson (Boss Nigger), D'Urville Martin (Amos), William Smith (Jed Clyton), R.G. Armstrong (Mayor), Don 'Red' Barry ....
Director >> Jack Arnold
Writer >> Jack Williamson
Producer >> Jack Arnold, Fred Williamson
Genre >> Western

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

The BOSS
ボス(フレッド・ウィリアムソン)とエイモス(ダーヴィル・マーティン)は賞金稼ぎをして色々な町を旅していた。ある日、白人達に襲われて身内を無くしたクレア=メエ(カーメン・ヘイワース)を助け、彼女の知り合いの居る見知らぬ町へやってきた。そこではシェリフが殺され、市長(R.G.アームストロング)独裁となっており、白人の町となっていた。そこでボスはシェリフに勝手になるが...

シンプルなウエスタンとブラックスプロイテーションが混ざった作品だ。とは言え、正統派ウエスタンでもないし、もちろん正統派ブラックスプロイテーションとも違う一風変わった作品である。フレッド・ウィリアムソン本人が始めて脚本家・製作者として関わった作品もである。それ故か、まだいつものフレッド・ウィリアムソン一本調子になっていない。幾ぶん、遠慮がちな部分がこの映画を魅力的にしている。タイトルでも使われていた「Nワード」がこの映画の中でも散々耳にする事になる。意味のある時と無い時があって、「Nワード」とは?と思わせる。ラストも大人の男と孤独な賞金稼ぎを思わせる哀愁漂うラストとなっている。

フレッド・ウィリアムソンはタイトルが何であれ、黒人にとってのヒーローになる事に固執していた。この作品は彼の哀愁が見える西部的ヒーローで、しかも過去の歴史を復讐するブラックスプロイテーション的ヒーローをも一つの作品で演じている。

(3/12/10:DVDにて鑑賞)