SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Three the Hard Way / ハードウェイ (1974) 672本目

本日はまさに丁度いい。
何がといえば、今日はあのジム・ブラウンの74歳の誕生日。そして私にとっても丁度良く...この次に観た映画が、この映画からモロにプロットを頂いていた!とても丁度良く予習となりました。
One Down, Two to Go / ザ・リボルバー/怒りの38口径 (1982)」のオリジナル。正しく言えば、「One Down, Two to Go / ザ・リボルバー/怒りの38口径 (1982)」は続編ではないのですが、何となく続いていなくも無い。ま、この変の曖昧な所がブラックスプロイテーションの可愛らしさですよ。
この次の673本目になる作品の前に、予習として書いておきます。あたかもブラックスプロイテーション映画が「優れた」映画作品であるかのように書く人が居ますが、大ファンとしてそれは断固否定するよ。ファンなら否定するな?って??いやいや分かってないんだな。ブラックスプロイテーション映画で映画として「優れた」作品なんて数本しかない。この一本前の「Black Samson」の100本映画の記事を読んでもらいたい。というか、私が今まで100本映画で書いてきたブラックスプロイテーション映画の記事を読んでもらいたい。「優れた」作品ではないが、何が良いのか分かるはずだ。ツッコミ所が満載なのだ。でもそのツッコミ所は、本当にダメダメなものじゃなくって、「全くしょうがないな...」程度の可愛いものなのだ(Black Samsonの長い棒みたいに)。だから愛おしいのだ。ダメな息子ほど可愛らしい。そんな感じがブラックスプロイテーションなのだ。ブラックスプロイテーションに関する洋書もそんな感じが多いね。読めば分かると思うけど、真面目には語らない。みんな愛をもってツッコミを入れる本が多いんだよ。

という訳で、「One Down, Two to Go / ザ・リボルバー/怒りの38口径 (1982)」は主役から監督・脚本・製作まで一人でこなしてしまったフレッド・ウィリアムソンのワガママ&目立ちたがり屋な部分が出てしまった為にイマイチ感がスクリーンに漂ってしまいましたが、この作品はあの「Super Fly / スーパーフライ (1972)」のゴードン・パークス・ジュニアが監督したので、フレッド・ウィリアムソンが丁度良い感じでクールダウンしていて良い。監督は名前でも分かる通り、監督であり写真家・芸術家ゴードン・パークスの息子。「Super Fly / スーパーフライ (1972)」では、父親から譲り受けたセンスであろうお洒落な芸術的映像も沢山ありましたが、この映画ではそれはあんまり垣間見られず。でも、あのバイク3人衆の映像はカッコよかったかも。3人といえば、この映画はタイトルでも分かる通り、3人が力合わせて頑張る三本の矢的ストーリー。ジム・ブラウンを筆頭に、フレッド・ウィリアムソン、そしてジム・ケリーが出演。今回はその3人の個性が上手い感じに出ていて、飽きさせません。ジム・ブラウンが長いデッカイ銃で派手にドンパチやれば、ジム・ケリーがあちょーーっと気持ちいいくらいの蹴りを決め、そしてフレッド・ウィリアムソンがマンダムな大人の色気を出しているのです。そして上手い事、彼等3人を全米に散らばせたので、見所がそれぞれあるって間延びしてないのがいい。そして最後は3人で派手にどかーーーんとダイナマイトアクションを決めてくれてます。そんな中、銃を絶対に持たずに挑むジム・ケリーに向かって、ジム・ブラウンが「護衛を頼む、おい、銃でだよ!」と突っ込む所が思わず笑ってしまう。

クー・クラックス・クランを思わせる白人至上主義グループが黒人種だけをを滅ぼす為に実験しているのです。凄いよ。黒人の血が入っていると3日後には全員が滅びてしまうのです。だから白人がそれを運ぶ時にも「お前に黒人の血が入っていなきゃ大丈夫だよ」なんていう台詞もあります。普段は白人で通っていても、先祖で混ざっている場合もアウトなのです。言われた男は思わず生唾を飲み込んでしまいます。何気ないけど良いシーンですな。そしてグループのリーダーの男は「神は7日でこの世界を作ったが、私は3日でクリーンにしてみせる」と恐ろしい事を言うのです。このプロットは、この次に私が書く予定の映画でも利用され、「Undercover Brother / アンダーカバー・ブラザー (2002)」でも使用されている。今じゃ、ウィル・スミスが全世界を救う時代ですよ。でもこの時代はまだ白人から黒人を救う事で頭が一杯一杯になっていたんですね。

という事で、愛しいジム・ブラウン様、お誕生日おめでとうございます。

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞。点数は4点になってしまいましたが、限りなく4.5点に近い4点です。)