SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Fame / 日本未公開 (2009) 692本目

前から書いている通り、「フェーム」オタクです。リメイク版が出来るというのは嬉しいような、複雑な気分。やっぱりあの「フェーム」を超えられるのか?という不安。オリジナルがあるという事は作る側にとっても、比べられると分かっているでしょうし... でも「フェーム」オタクと言っても、一番最初のオリジナルの映画版の「Fame / フェーム (1980)」というよりも、テレビシリーズ版のファンです。でもオリジナル映画版とテレビシリーズ版の出演者は大体同じなので映画版も大好きです。あのタイトル曲の「Fame」のオープニングを聴く(ふぇーーむと宮沢りえがカバーしたデヴィッド・ボウイのじゃないよ)と、胸が高まります。そしてデビー・アレンが演じたリディア先生のしごきの言葉「You want fame? Well, fame costs. And right here is where you start paying ... in sweat!」を聞くと、しごかれるんだぞってワクワクします。この映画もこの曲から始まるんですが... 何かR&B調にリミックスされた今風な感じで、あの言葉も出てきますがしごかれる感じのしない囁き調。

はああーーーすかされたぜ!
というか、やっぱり... 「フェーム」の良さ、まるで無し。あのダサい感じがカッコいいんだよー!青春とか夢とか努力がただカッコ良くても共感出来ないんだよー!!ダサカッコイイのが青春だろ??失敗をダサく繰り返して、何もかっこいいところなんてない努力したあとの顔がカッコイイものじゃないの??テレビ版のココなんて凄いよ。プエルトリコ系の黒人で、ものすごーーーーくガツガツしてる。自分が一番の歌手で有名になる為に生まれてきたと思ってるのよ。エリカ・ギンペルという女優さんがテレビ版で、映画版はアイリーン・キャラが演じていた。どうみてもそんなに美人じゃない。でも才能はあって、でも失敗を繰り返すし、人一倍努力家。でも自信家。この彼女のいい所は本当に友達思い。そして普段はダサいけど、舞台だとカッコよくてオーラがある。この映画版にはココは居なかったけれど、多分ナチュリ・ノートンが演じたデニースというキャラクターがココに近い役なんだと思う。このデニースは、中産階級のお嬢様でクラシックのピアノを強要されている女の子。でも本人は最近のR&Bの方をやりたい。でも親が怖くて...という感じ。途中で同級生と一緒にレコード会社に売り込み。レコード会社はデニースだけ欲しいといわれて彼女も去ってしまう。ココなら残るぜー!と思いながら観てました。ココならレコード会社も友達も上手く言いこめるぜー。でもきっとココなら友達も納得させられる筈。なぜならココには友達思いだからそれまでに借りは幾らでもある筈。そして俳優希望のマリクが、テレビ版とかオリジナル映画版のリロイ的なんでしょうね。でも、ちーーーっともセクシーじゃない。リロイみたいな憤りを彼からは感じませんでしたね。カッコイイけど。ジェニー役の子がテレビ版のドリスかな??ドリスにしては可愛過ぎる(笑)でもドリスは将来大物の性格俳優になるだろうなーという説得力もあったし、友達思いで良い子だった。ジェニーは悪い子じゃないけど、ドリスのような演技に情熱があって上手くなるだろうなーとは思えなかった。

学生ぽくない。何か学生同士の交わりが恋物語ばかりで、やかましーわ!という感じ。友達関係はイマイチ描かれていないので、青春映画というより恋愛映画という感じ。ガッカリ。

と、ここまで書いておいて、「フェーム」について説明すると、ニューヨークにある芸術高校が舞台。この学校は実在していて、実際に多くのスターを輩出している。マーロン・ウェイアンズとか、オマー・エプスとか... この2人は同級生で今でも親友。ハリウッドに来たばかりの時にはルームメイト。ジェニファー・アニストンとかローレンス・フィッシュバーン、そしてウエズリー・スナイプスとかキース・デイビットはここを出て更に大学に進んで演技を学んでます。音楽でもスザンヌ・ヴェガとか最近ではニッキー・ミナージもここを出てるみたいです。

そして一番「フェーム」らしくなかったのが先生達。オリジナル映画版もテレビ版も、先生達は大人だった。怒るときはちゃんと怒るし、一緒に悩む時は悩んだ。そして先生だからそれぞれの才能を分かっていて、この子は将来プロにはなれないかな?と思っても、先生がその生徒の夢を壊す事はしなかった。でもちゃんと他のレールを上手く引いていたんですよね。もう今回のは、本当にがっかり。というか、前だったらその学校に入れなかったような... ジェニーも含めて。

「フェーム」と聞いたらファンは暑苦しいまでもの情熱を待ってるんですよ。ストーリーにもキャラクターにもそれを感じる事が全くありませんでした...(涙)

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3点/5点満点中:DVDにてレオタードとタイツで鑑賞)