SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Nai Nai Nai、恋じゃNai

この前、色々とインターレイシャルカップルについて書いていたのですが、何だか支離滅裂になって止めてしまいました。もうすっかり日本語でもニュースになっているようなのでやめました。詳しくはここで。と思えば、こんな事も。あのジョン・マケインが動いたとは驚き。この人、キング牧師の誕生日の祝日にも反対していた人なのに。ジャック・ジョンソンについては「The Great White Hope / ボクサー (1970)」という映画があります。あのジェームス・アール・ジョーンズがジャック・ジョンソンを演じてオスカーにノミネートされた作品です。相手役の白人の女優ジェーン・アレキサンダーアメリカン・フィルム研究所(AFI)がアメリカ映画の中のエスニシティ映画をまとめた分厚いカタログのはしがきを書いてます。何か芸術協会関係のチェアマンをしてるみたいですね。

思う所は色々あります。ま、私が思うにインターレイシャルだろうが、国際結婚だろうが、日本人同士の結婚だろうが、それぞれですからねー。日本人同士で上手くいかなくて醜い離婚した友人カップルも知っておりますし、もちろんインターレイシャルでも国際結婚でも同じです。逆に形はどうあれ幸せなカップルも沢山見てきました。逆に離婚しても上手くやってる人達も見てきましたし... こればかりは、何ともかんとも。でも前に日本のテレビで聞いたコメンテーターの言葉は許せなかったですね。「国際結婚する人は離婚した時の子供の事を考えて結婚して欲しい」と。うーーーん、結婚する時にいきなり離婚する事を考えて結婚する人っているんでしょうかね?最初から離婚すると思ってたら、誰も結婚しないような(周りは予想可能でも、本人は盲目ですから)?日本人同士でも離婚は大変だと思いますけど...って、日本は養育費の制度がイマイチちゃんとしてないから大変じゃない訳ですが、離婚するというエネルギーは同じじゃないかな?思いやりの無い人と結婚した時点で大変ですわね。まーでも、一つだけをサンプルとして取り上げても何の比較にもならない問題なんでしょうね。

私は書きたかった事はそんな事じゃない。
最近「フェーム」にまたはまっています。何度も書いた事がありますが、これのテレビシリーズが大好きなんです。映画リメイク版が出来たという事で、テレビシリーズ版の「フェーム」がDVDになりました。それを早速手に入れたんです。もう1話毎に号泣。毎回お決まりのパターンで最後にはみんな踊って歌って問題解決なんですが、弱いです。オリジナルの映画も好きなんですが、一番好きなのがこのテレビシリーズ版。特に1シーズンは最高です。このキャストが最強です。この人が特に好き!というのもなく、この1シーズンのメンバー1人1人が好き。この頃のDebbie Allen (デビー・アレン)は最高にチャーミング。音楽のショロフスキー先生と英語教師のシャーウッド先生とやりとりとか最高です。1シーズンの演技の先生も好きなんですが、彼は亡くなってしまったので1シーズンだけなんですよね。残念。
私が見ていたのは受験を控えた高3の今ぐらい??受験勉強を夜中にしながら、この番組を見てました(なので勉強してないって感じです)。あの頃、受かる事に精一杯で将来の夢なんか無くて、受かれば何か自分の将来の具体的な夢が見つかるものだと思って一緒に熱くなってましたよ(結局は見つかりませんでしたが)。この番組を見ながらアメリカの高校生はませていて大人ぽいなーと思っていたんですが、今見るとそうでもないんですよね。リロイ役のジーン・アンソニー・レイは今見るとバウワウに似てる。

このシリーズのオープニングのリディア先生の言葉が好きなんですが、日本語訳が思い出せません。最後の部分は「いい?分った?」だったと思うんですが、自信はありません。実は日本版のDVDは先に発売・レンタルされているんですよね。1話だけレンタルしてみようかな?

何が言いたいかと言えば、世の中の問題の全てが「フェーム」みたいに最後は踊って歌って忘れられたらいいなって事です。ま、無理ですけど。そう考えると「Dance Flick / 最強絶叫ダンス計画 (2009)」での「フェーム」のいじられ方が最高だった訳で。結局は私のウェイアンズ賞賛で終わった訳で。