SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Seasons of Love / 日本未公開 (2014) (TV) 1303本目

立て続けにライフタイムチャンネルの作品でごめんなさいね。急にバタバタと3連ちゃんで放送するものですから... しかも先日の『An En Vogue Christmas / 日本未公開 (2014)』同様にクリスマス映画!しかもしかもグラディス・ナイトと元デスチャのラトーヤ・ラケットが出演!音楽とクリスマスの融合ね。しかもグラディス・ナイトは歌も披露!ラトーヤは歌いませんが、本当に弾いていたかは不明だけどピアノシーンはありました。しかも、この作品は女優のタラジ・P・ヘンソンが製作総指揮をしているので、ゲスト出演という形で参加しております。ゲストだからあんまり出ないのかな?って感じですが、意外と出てます。グラディス・ナイトの年の離れた妹役!

ホリデーシーズンの中、アンジー(グラディス・ナイト)とポップ(リチャード・ポートナウ)の結婚35周年のパーティが行われていた。主催者は2人の息子アミア(クレオ・アンソニー)。ポップのお店「ポップのスーパークラブ」には、大勢の人々がお祝いに駆けつけていた。友人夫婦に連れられてやってきたのが、カイラ(ラトーヤ・ラケット)だった。カイラはそんな席でも仕事の電話で忙しい。ふと息をついた所で手を伸ばしたナッツの所で手が触れてしまったのがアミアだった。それから2人はお互いの視線を外す事が出来なかったが、何となく話しかけるのが出来なかった。友達夫婦やポップからの後押しでなんとか帰り際に話しかけたアミア。クリスマス・ディナーに招待する事が出来た。それから2人は付き合い始め順風満帆だったが、マイルス(ロバート・クリストファー・ライリー)が同じ街にやってきて、カイラの知り合いらしいが、カイラはアミアにその事を言い出せず...そして季節は巡っていくが...

とまとめはカイラとアミアの恋愛を中心に書いてますが、実際にはもう一組も軽く描かれております。カイラの友達のイマニね。仲のいい夫婦で、旦那さんはまだ地に足がついていない。自分のジムを持つことを目標としているけど、お金が...という状況。そんなイマニにちょっかい出すのが、レコード・レーベルの大物ビック・ロブ。その役を演じるのがウータン・クランメソッド・マン!やったー!もう登場シーンから彼が飛ばしてくれております!壁ドン!はしないけれど、それに近い事して口説こうとしたり、バラを一本一本匂いをかいで女性に渡したりと、やってくれてます。所謂この映画の引っかき回す役。とは言え、この映画で引っかき回す役はもう1人いますね。

ライフタイムチャンネルのTV映画の割りには、ちゃんと恋愛ストーリーが描かれておりますね。アミアの両親はとても仲良くて理想的なカップル。でも完璧過ぎるから、息子は恋愛する事に臆病。俺は失敗しちゃったらどうしよう?と。そして自分も完璧である事を求めすぎてしまう。要は優しすぎる!逆にカイラは過去の失敗から、恋愛には慎重。完璧なアミアに中々言い出せない。という、2人のじれったさがたまらないですね!最後の最後までじれったい!!そのラストね、意外とあっさり!こういうロマンスものは最後にはお約束の...って感じなんだけど、裏切るよ。工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工ってなるよ。でもね、私は意外とその現実ぽいラストの感じが好きかなーと。ありきたりじゃないです!

と言う訳で、元デスチャのラトーヤ・ラケットは本当に演技頑張ってる!まさか彼女が一番演技が上手かったとは!という感じだけど、彼女は良い!この役はキャリアウーマンでバリバリだったけれど、私はウェイアンズ家の2世代目が制作したTVシリーズ『Second Generation Wayans』のベイビーママ役が好き!この役とは違って、はすっ葉な感じで活き活きしてたわ。ラトーヤの相手役のアミアを演じたクレオ・アンソニーがこれまた!! ( ゚∀゚)アヒャ!! 目がヘイゼル色でねー。体も作ってそう。残念ながら正面は見れなかったけど、脱いだ時の背中がーーー!!来るよ、彼、来るよー!マイケル・イーリー路線でお願いしやす!恋愛映画の甘いーあまーーい王子様役〜!という事でもクリスマス気分堪能させて頂きました!ご馳走様でした!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:11/25/14:TVにて鑑賞)