SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sorry, Thanks / 日本未公開 (2009)

Cast >> Wiley Wiggins (Max Callahan), Kenya Miles (Kira Marks), Andrew Bujalski (Mason), Donovan Baddley (Simon), Ia Hernandez (Sara) ...
Director >> Dia Sokol
Writer >> Dia Sokol
Genre >> Comedy

総合ポイント 2点/5点満点中
内容 >> 2 演技 >> 2 演出 >> 2 音楽 >> 2

Sorry, no thanks.
カイラ(ケニア・マイルズ)は恋人と別れ、家を出た。それからサイモンという男と出会って一夜を共にしたりもした。一方、マックスは議員の選挙事務所で働いているが、所謂ボンクラ、何も考えていない。カイラは別の男と出会いスシデートするも上手くはいかない。マックスと出会うが、マックスには彼女が居た。しかし、ベッドを共にするカイラとマックスだったが...

サンフランシスコの雰囲気たっぷりに作られたインディペンデンス映画。SXSWにて上映。カイラとマックスという男女が主人公だが、どちらからも生きている活力を感じない。何気なく生きている若い2人。何がしたいのかもよく分からない。とにかく普通の人々の普通の会話だけがずっと続く。しかしその状態は観客に何を伝えたいのかが、イマイチ掴みにくい描写であった。

サンフランシスコのイメージ通りではある。その町並みは楽しめた。しかしそれだけで何も伝わってこないし、感じられない。得体の知れない作品なのだ。

(11/1/14:DVDにて鑑賞)