SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Why Am I Doing This? / 日本未公開 (2009)

Cast >> Anthony Montgomery (Lester), Tom Huang (Tony), Sheetal Sheth (Nira), Lynn Chen (Katie), Dion Basco (Danny), Emma Caulfield (Amber), Joe Torry (Kenny), Valarie Pettiford (Natalie), Obba Babatunde (Cliff), Tamlyn Tomita (Donna), Clyde Kusatsu (Himself) ...
Director >> Tom Huang
Writer >> Tom Huang
Producer >> N.D. Brown, Tom Huang, Jeff Lam
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 3 音楽 >> 3

Dreamchaser
ハリウッドで部屋を共有しているコメディアンのレスター(アンソニー・モトゴメリー)と俳優のトニー(トム・ホアン)。2人共に30歳になるが、中々芽が出ない。トニーはアジア系で、英語が下手なアジア人特有さをオーディションで求められるばかりで、レスターもマーティン・ローレンスのようなコメディアンを目指せ!と言われる。しかもレスターは兄のケニー(ジョー・トリー)がマネージャーで、兄からもスタイルを変えろ!と言われる始末。そしてずっとニラ(シータル・シェス)に恋心を抱いているが、ニラの父は差別主義者で認めてくれない。トニーはずっと白人女性とデートしていたが、着ぐるみのバイトをしているケイティに恋心を抱くようになり...

出演のトム・ホアンが主演・脚本・監督のインディペンデンス映画。このタイトルになった「なんでこんな事やってるんだ?」を、たまに感じてしまう事は誰にでもあると思う。夢を追うなら尚更。アジア系に潜むステレオタイプとアフリカ系に潜むステレオタイプを上手い事コメディにしているし、同様に彼等自身にも潜むステレオタイプを上手い事描き出している。しかもそれだけでなくて、いろんな差異によるステレオタイプを描いているのも面白い。特に、レスターの父親がとても若々しくて美しい女性と別れ、その後はルックスはイマイチでも性格の良い女性と仲良くやっているのが面白い。モンスター母とも言えるママをあやす息子の姿まである。

全員ではないが数人に漂う素人ぽい演技や、インディペンデンスゆえの安っぽさは拭いきれてはいないが、「なんでこんな事やってるの?」感はとても伝わってくるガッツのある作品だった。いや、これだからインディペンデント映画は止められない!

(6/9/14:DVDにて鑑賞)