SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

映画秘宝10月号

映画秘宝10月号にて、『ゴーストバスターズ』で活躍するレスリー・ジョーンズと『ネイバーズ2』のレビューを寄稿させて頂きました!

映画秘宝 2016年 10 月号 [雑誌]

映画秘宝 2016年 10 月号 [雑誌]

レスリー・ジョーンズについては、とうとうこの日が来たか...と目頭が熱くなりながら書きました。というのも、あれは忘れもしない2006年初秋、黒人コメディアン好きには避けては通れないあの『デフ・コメディ・ジャム』が再出発すると聞いて、毎週楽しみにTVの前で正座して待っていた。新しい黒人コメディアンスターの誕生にワクワクしていたのです。そこに物凄いデカい女が登場してきた。なんだ!この迫力のある女性は!と思っていたら、弱い奴らをこバカにするこれまた迫力あるネタを繰り広げていて私は大笑いしていた。その女性がレスリー・ジョーンズだった。その時の私の楽しみは、当時誰もがやっていたマイスペース(もう知らない人までいるかもしれない化石SNSだ)で、『デフ・コメディ・ジャム』で面白かった人に「面白かったでーす!」とメッセージ(ツイッターのDMみたいな機能)する事。TVに出演したばかりだと、凄いメッセージの量なので返事などくれる人は少なかったですが、良い人だと一言でも「ありがとう!」とかメッセージをくれる人もいた(のがジャスパー・レッドとかディオン・コールとかアリエス・スピアーズとか...)。そんな迫力あるステージだったので、恐る恐るレスリーにもメッセージを送ってみたら、レスリーも「ありがとう!」と返事してくれた1人だった。「よし、この人を応援していこう」と決めた夜でもあった。ちなみにこの年の『デフ・コメディ・ジャム』には今やドル箱スターとなったあの人も出ている(これは映画秘宝さんで確認してね!)!!そして『デフ・ジャム・コメディ』の再始動で興奮して作ったホームページが「Comedian History」というページだ。そこの17.おススメ!で私がおススメしているのがレスリー・ジョーンズなのだ。私もレスリーも10年掛かった!けれど、このように彼女を紹介する日が来るなんて...という訳で、目頭を熱くせながら書いた訳です。レスリーを悪く言う人は私が許さん!#LoveForLeslieですよ。という訳で、レスリーの性格も分かるように書きました。ちゃんと人の話を聞く人なのです。だからこそ好かれた訳ですね。

という訳で10年も掛からず、2年で戻ってきたのが『ネイバーズ2』!という訳で、バカvsバカ対決が再び!第9回したまちコメディ映画祭in台東にて公開予定です!!YOUの真似で「ほんと、バッカよね...」と言いたくなるような戦いが再び繰り広げられております。でも今回はクロエ・グレース・モレッツという最強女子相手!さあバカップルの運命は?そしてあの大学生バカたちもバカっぷりをこじらせて戻ってくる!バカ度だけでなく、エロ度もマリファナ度も更にアップ。ちなみにこの映画に出てくるアジア系バカ女子が、Awkwafina。彼女は女性キャストの『オーシャンズ11』事、『Ocean's 8』の8人の1人に抜擢された女子!バカバカ書きましたが、私にとっては愛すべきおバカさん達...

という訳で、映画秘宝10月号をどうぞよろしくお願いいたします。