SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

A Mother's Prayer / 日本未公開 (2009) (Video) 899本目

映画だと思って手に取ったんだけど、見たらタイラー・ペリー系のミュージカルの舞台でした。と言うか、もうそれが全てなんですよ。タイラー・ペリーの舞台の真似。でもタイラー・ペリーの舞台とは違って、ジョニー・ギルという素晴らしいシンガーと、ロビン・ギビンスという素敵な女優が出演している。タイラー・ペリーの舞台にはシェリル・ペプシ・ライリー位ですかね?元々有名な人というのは。でもこの舞台を制作したのはアルヴィン・ムーア・ジュニアという25歳の若者。タイラー・ペリーがマディアというおばあちゃんなら、こちらはグランプスというおじいちゃん(まあグランプスがお爺ちゃんの意味だけど)。同じようにキリスト教の教えを元に、物語を解決していくのです。ジョニー・ギルが牧師で3人の子供の父親。その妻をロビン・ギビンスが演じているのです。他のキャストは歌うんだけど、ロビンだけは歌いません!残念、ちょっと聴いてみたかったかも。歌は苦手なんでしょうね。ジョニー・ギルはゴスペルから「マイ、マイ、マイ」までがっつり歌います!まあ「マイ、マイ...」は、ドラマ上じゃないですけどね。

このDVDは本編よりも、特典映像のインターミッション中の映像がおススメです。ジョニー・ギルはそこで「マイ、マイ、マイ」を歌ってます。素晴らしいサービス精神なんですよ。ジョニーはニュー・エディション時代から、プロ意識が強くて、それが逆に冷たいんじゃないかな?という印象があったんですが、とんでもない!観客が欲しているものに敏感に反応して、それを見事に提供してくれるのです。凄いです。さすがです。それが業界で長く続いている秘訣でしょうね。ジョニーだけでなくて、このインターミッションの映像が面白いのが、観客の反応。ジョニー・ギルも途中で観客に「マイ、マイ...」を歌わせてましたが、アルヴィン・ムーアがサム・クックの「A Change Is Gonna Come」を歌い始めると、前に居たおじいさんがアルヴィンからマイクを奪って歌い始めてしまうのです。そのおじいさんの上手いこと!こういうノリの良さが黒人の観客は突出してますよね。久々に90年代の「デフ・コメディ・ジャム」の観客のノリを見た気がしました。あれ以来、なんとなく黒人の観客のノリが冷めすぎていたのが気になっていたのです。「デフ・コメディ・ジャム」の新しいシリーズが成功しなかったのは、確実に観客のノリが冷めていたとの司会者のマイク・エプスがそれを盛り上げられなかったのが原因。ここに居たか!という感じ。今は都会の人々は冷めてきて、こういう田舎の方が熱いのかも?と感じましたね。こういう人々が、教会を支えているんでしょうね。

上手いと言えば、ジョニー・ギルの演技も中々でしたが、一番上手かったのが一番小さいDJ役の子役!台詞は確か1つか2つ位だったと思うけれど、それ以外は見事に寝たふりしてるのです。「お父さんが帰ってきた!」という台詞を言った後、それは実際にはお父さんじゃなくて、その台詞がお母さんを発狂させてしまうのだけど、その後が見事なんですよ。あまりにも見事で観客から笑いが出てしまった程。この子は凄い!

まあでも25歳でここまで出来るのは凄いです。感想では厳しく書いてしまいましたが、頑張って欲しいと思う。いや頑張ってる。続けて欲しいね。

感想やあらすじはこちら

(3.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)