SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Love Come Down / 日本未公開 (2000)

Cast >> Larenz Tate (Neville Carter), Deborah Cox (Niko Rosen), Martin Cummins (Matthew Carter), Rainbow Francks (Julian), Peter Williams (Leon Carter), Jennifer Dale (Bea Rosen), Kenneth Welsh (Ira Rosen), Clark Johnson (Dean) ...
Director >> Clement Virgo
Writer >> Clement Virgo
Producer >> Clement Virgo, Damon D'Oliveira, Eric Jordan, Larenz Tate
Genre >> Drama

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

The Machete cuts the cane and serves the justice
ネヴィル(ラレンズ・テイト)とマット(マーティン・カミングス)とジュリアン(レインボー・フランクス)の3人は兄弟だが、それぞれ人種が違っていた。ネヴィルは黒人でコメディアンを目指していて、マットは白人でボクサーを目指し、ジュリアンはミックスでDJだった。3人の愛する母親は刑務所にいて、3人だけで暮らしていた。そしてネヴィルは麻薬中毒者で、教会の救いで克服しようとしていた。そんな時にネヴィルはクラブシンガーのニコ(デボラ・コックス)に出会ったのだった。

今風の軽いラブコメディだと思っていた。全然違った。3人兄弟のドラマに少し恋愛が絡んでくる形。色々なドラマがこの映画には詰まっていて、観客を飽きさせる事はない。台詞も後々になってなるほどと思う事もあっていい。しかし内容自体が割りとハリウッドではオーソドックス。だろうなーという想像通りに進んでいく。フラッシュバックと進行形の物語が、イマイチ繋がっていなかったりと、あの場面要らないだろうなーという部分も多く、フラッシュバックのシーンが多すぎで、イマイチ感情移入が出来ない。でも奴隷とマチューテの話とマチューテの使い方は面白かった。けど最後は読めたかなー。

監督のやりたい事は伝わってくる。でもまだ技術が備わってない感じは受けた。でもガンバレーと応援はしたくなるかな。

(7/20/11:DVDにて鑑賞)