SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Love Come Down / 日本未公開 (2000) 883本目

ラレンズ・テイトは過小評価過ぎる!結構いい映画出てるんだけど、箔が無いというか... 背が小さいからかな?「Menace II Society / メナース II ソサエティー/ポケットいっぱいの涙 (1993)」からの〜「Love Jones / ラブ・ジョーンズ (1997)」に「Why Do Fools Fall in Love / ホワイ・ドゥ・フールズ・フォール・イン・ラブ (1998)」に「Dead Presidents / ダーク・ストリート/仮面の下の憎しみ (1995)」だよ。名作揃い。私は「The Inkwell / ファンキー・サマー・ビーチ (1994)」も好きだわ。しかもさ、それらにただ出てる訳じゃなくて、全部で主役だっちゅうの!それなりの貫禄があっていい筈。でもそういう部分をあえて付けない所がラレンズ・テイトの良さだろうね。だからこそ色んな役に染まる事が出来る。

なんとなーーく軽いラブコメが見たかったその日。タイトルの感じとかもそんな感じじゃないの?と手に取ったらとんでもない!全然軽くなかった。ラブロマンス物でドラマではあるけれど、決してコメディではなかったかなー。あー、でもちょっとコミカルな台詞とかはあるけどね。3人の兄弟が主役。いろんな映画サイト見ていると2人の兄弟が主役と書いているけど、いちよう3人兄弟。ママは同じだけど、兄弟それぞれ人種が違う。あ、でもママが一緒という事は下の2人は同じ人種なのかー。でもどう見てもラレンズ・テイトはミックスには見えないよね。お兄ちゃんのマットはボクサーで白人。ラレンズが演じるのが真ん中。ヤク中でコメディアンを目指している。一番下がDJ。人種混合で「Four Brothers / フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い (2005)」と被る。でもこちらは養子なんだよね。こちらは半分は血の繋がった異父兄弟。お母さんは今は刑務所。徐々にフラッシュバックによってこの兄弟の秘密が明らかになっていくんだけど、大体分かっちゃうよねー。そのフラッシュバックも多いから、何か面倒。でも一番下の弟は何か可愛い。トーストのシーンは可愛い。演じた俳優の名前がレインボー・サン・フランクスですって。なんと可愛い名前。日本だったらDQN親と言われそうだわね。

実はこの映画カナダ作品。カナダ出身のクレメント・ヴァーゴ。そしてラレンズ・テイトの相手役にはカナダ出身の歌手デボラ・コックスなり!カナダ色強し。しかも3人兄弟のパパは、かなり強烈な訛りで話していた。しかも祖先が奴隷時代にマチューテでサトウキビを切っていたという話もあるので、カリビアンからカナダに渡った移民なんだろうね。

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)