SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Gun Hill / 日本未公開 (2014) (TV)

Cast >> Larenz Tate (Bird Stevens / Trane Stevens), Emayatzy Corinealdi (Janelle Evans), Phyllis Yvonne Stickney (Marva Stevens), Tawny Cypress (Andrea Logan) ...
Director >> Reggie Rock Bythewood
Writer >> Reggie Rock Bythewood
Producer >> Daniel Hank
Genre >> Action

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

"I just want to know felt to be a good one"
バード・スティーヴィンス(ラレンズ・テイト)は12年間の刑務所暮らしを終え、双子の兄弟であるトレーン(ラレンズ・テイト)とバーで会った。バードに11歳の息子が居ることを告げたトレーン。バードはその事も知らなかったのだ。12年間の空白を埋める2人であったが、その帰り道に何者かに襲われた。反撃するも、銃弾を受けたトレーンが亡くなってしまった。犯罪者である自分は息子に会う事も出来ないと考えたバードは、トレーンになりきる。12年間トレーンの事すら知らないバードは、徐々にトレーンの身分を知る事になる。叔父として息子、そしてその母である昔の恋人ジャネール(エマヤツィ・コリネアルディ)に会い、そして麻薬の覆面捜査に侵入していくのだった...

ラレンズ・テイトが一人二役を演じているクライム・アクション映画。面白いプロットに、しかも刑務所で流行っている「52ブロックス」という護身術が観られる作品だ。まるでケインとアベルのように全く正反対な運命に翻弄される2人。そんな2人の名前がバードとトレーン。ジャズ・ジャイアントの2人の名前をそんな風に全く正反対な運命を与えていくのが面白い。ジョン・コルトレーンから付けられたトレーンは、高校の花形アメフト選手で、優秀な刑事。一方、チャーリー・パーカーから付けられたバードは、札付きの悪だが、ストリートスマートで何か影がある。いつもトレーンの人生に憧れていたバードは、自分もやり直すつもりでトレーンの人生を追う。誰からも疑われずに全う出来たのは、やはりバードも頭のいい青年だった事が伺える。一歩間違えれば、バードとトレーンの人生が逆だった可能性だってあるのだ。彼等の過去にはそんな影が見え隠れするのが面白い。

そんなバードが悲しげに言う。「やっといい方の気分が味わえた」と。終わり方も「つづき」であって、とっても気になる終わり方で終えている。その後が気になって仕方ない!とにかく続きが観たいのだ!!そんな興味が沸く、最高のドラマであった。

(7/2/14:TV放映にて鑑賞)