SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

女が4人揃ったら...おっぱじめる(Set It Off)『Girls Trip』

高校時代から大学もずっと一緒の4人の女性が主役のコメディ。クイーン・ラティファにジェイダ・ピンケット=スミスにレジーナ・ホールにティファニー・ハディッシュという女優4人。ネームバリューからラティファかジェイダが主役だと思っていたら、なんとレジーナ・ホールが主役で驚きパターン。レジーナ・ホールは、この映画の監督でもあるマルコム・D・リーの『The Best Man / ベストマン (1999)』で映画デビュー。ハロルド・ペリヌー演じる男に惚れられるストリッパー役でしたね。可愛くて話題になった。その後は『Scary Movie / 最終絶叫計画 (2000)』のブレンダ役でコメディの才能発揮してました。予告編観た時に割と下品だった印象なので、全然期待はしてなかったし、正直同日封切りの『ダンケルク』の方が観たいなーと思ったのだけど、マルコム・D・リー監督を信じました。なんてたって『Undercover Brother / アンダーカバー・ブラザー (2002)』の監督ですからね!

高校の頃からずっと一緒のライアン(レジーナ・ホール)とサーシャ(クイーン・ラティファ)とリサ(ジェイダ・ピンケット=スミス)とディナ(ティファニー・ハディッシュ)の4人。自ら「Flossy Posse」と名乗っていた。大学でも一緒。4人は社会人になり、ライアンは夫(マイク・コルター)と共に成功した自己啓発本著者、サーシャはジャーナリストだったが今はゴシップ・ブロガー、リサは離婚を経験し自分の母と共に2人の子供を育て、ディナは会社勤めだったが同僚に暴力を振って解雇されたばかり。社会人になってからは、中々会えない日が続いていた。ライアンが有名なエッセンス誌が毎年開催する「エッセンス・フェス」の基調演説に選ばれてたのをチャンスに、また4人で集まって「ガールズ・トリップ」を計画し、4人は会場のニューオリンズに集まるが...

黒人女性の憧れフェス、「エッセンス・フェス」が舞台になっている。2016年の実際のエッセンス・フェスで撮影が行われたようで、それに出演したニュー・エディションからマクスウェルにコモンにマライア・キャリーなどのステージがちょっとだけ見れるのがお楽しみ。ディディに至っては、物語にちょっとだけ絡んでくるし!そのシーンでは、ティファニー・ハディッシュが頑張っている。この映画ではかなりティファニー・ハディッシュが頑張って笑い取っている。女版アイス・キューブ的な乱暴さw。あとやっぱりクイーン・ラティファが安定している!こういう器の大きな女性役はやっぱり彼女しかいない!ツイッターで書いちゃってますが、ラティファにジェイダが揃って女4人組と言えば...『Set It Off / SET IT OFF (1996)』だね!こちらの4人の方が、この映画の同窓会雰囲気に合っていたかも。というのも、やっぱりレジーナ・ホールとティファニー・ハディッシュがラティファとジェイダと同世代で同級生という風には見えなかったなーと、ちょっと思ってしまいました。ヴィヴィカ・A・フォックスがディナ役で、キンバリー・エリスがライアン役で。この映画のラストって、4人が居る場所こそ違うけれど、『Set It Off』へのオマージュだと思うんですよねー。

で、この映画の王子様キャラがラレンズ・テイト!最高っす!あざーす。背は低いんですが、ラレンズの甘さ大好き。王子様感半端ない。ウィル・パッカー(プロデューサー)の作品だと、モリス・チェスナットが王子様キャラが多くて、正直飽きてきたのでラレンズ・テイトで良かった!と思っていたけれど、この映画にもちゃんと出てきたよモリス・チェスナットwww。ティファニー・ハディッシュに絡まれていて笑った。

という訳で中々でありました。予告編で損している気もする。思っているよりも笑いの量は多い。流石『アンダーカバー・ブラザー』の監督。

Girls Trip / 日本未公開 (2017)(3.75点:1569本目)