SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

Bad Trip / 日本未公開 (2020) 1752本目

新しさと過激さを追求したプランク映画『Bad Trip』

The Lion King / ライオン・キング (2019)』に、ドナルド・グローヴァービヨンセ等と共に声優をつとめたエリック・アンドレ主演作品。日本ではまだまだ知名度低いですが、『The Eric Andre Show』というコメディ番組で少しずつ人気が出てきているコメディアン。一時期は、あのロザリオ・ドーソンと付き合ったほど!そのエリック・アンドレが、『Get Out / ゲット・アウト (2017)』のリル・レル・ハウリーと、『Girls Trip / ガールズ・トリップ (2017)』のティファニー・ハディッシュという今が旬の2人を従えて制作したコメディ。と言っても、ただのコメディ映画じゃない。隠しカメラで、一般人の素の反応をそのまま取り入れた「Prank(いたずら)」映画で、『ジャッカス・ザ・ムービー』みたいな作品。監督は日本生まれのキタオ・サクライ。SXSW映画祭や劇場上映が予定されていたけれど、新型コロナウイルスの影響で中止。アマゾン・プライムが少しの期間うっかり配信。その後に削除されたけれど、うっかり期間の間に観ました。後日、太っ腹なNetflixが権利を買い取り、これから配信予定です。

クリス(エリック・アンドレ)はうだつのあがらない男。フロリダの小さなカー・ウォッシュ店に勤務。そこに高校時代から思いを寄せているマリア(ミカエラ・コンリン)がやってくる。しかし、ヘマをして恥ずかしい姿を見せてしまう。近くにいた男の人の助けで、マリアの電話番号を聞こうとするも撃沈するが、マリアはNYへ行くことを知る。クリスの親友バド(リル・レル・ハウリー)の姉トリーナ(ティファニー・ハディッシュ)の車があることを知り、その車でマリアを追いNYへ行くことを思いつくが...

プロットだけでは分からないと思いますが、まあ過激。その辺りは『ジャッカス』と同じ。その過激なことを見て、一般人がどう反応するのかを観る作品。そして、その反応にプロのコメディアンたちがどう返すのか? ティファニー・ハディッシュは上手い。彼女の役柄自体が一番過激なので、恐らく一般人に一番引かれるであろう。でも、カメラが回り続ける間は全然屈しないし、演技も崩さない。そこはすごく感心した。そして、車が爆破するシーンに登場する若い一般人のお兄さんがすごく素敵。真剣に心配しているのが伝わってくる。こういうシーンは良い。でも、ゴリラのシーンとかは気持ち悪い。こういうプランク物って、どうも過激にしようとすると、下ネタでも下品な方に行ってしまう。それだけでもないのだけれど、そこはやっぱり気になってしまう。

それでも、何か新しいことをやろうとしているのは伝わる。何かここから生まれれば良いが...

(3.75点:1752本目)
www.blackmovie-jp.com