SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

All Day and a Night / オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕 (2020) 1753本目

今改めて問題を深く考えるために...『オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕』

あの『Black Panther / ブラックパンサー (2018)の脚本家の1人ジョー・ロバート・コールの監督作品。しかもカリフォルニアのオークランドが舞台!!!と、なったら観ますよねー。速攻観ますよねー。しかも主演が、『Moonlight / ムーンライト (2016)』のアシュトン・サンダース。父親役に『Shaft / シャフト (2000)』のジェフリー・ライト。その3つが揃えば、もう既に勝者的な何か。期待値が上がります。オークランドで生活する父と息子の悪循環を描いたクライムストーリー。Netflix配信。

ラップの練習をするジャ(アシュトン・サンダース)。ジャはマルコムの家を襲撃し、マルコムを殺した。そして、ジャは終身刑を言い渡される。小さい頃に、年上に玩具を取られ、父(ジェフリー・ライト)に怒られ暴力を振るわれ、次の日にはその年上にやり返した。そんなことを思い出し、過去を振り返っていた。ジャは父のようにならないと思い、そして彼女シャンテイ(シャキーラ・ジャネイ・ペイ)との間に息子もでき、ジャも父となったが、マルコムと対峙していた...

かなり渋い作品。父と息子の関係には大きな溝がある。息子からしてみたら、父親らしいことなんてしてもらったことがない。そして父親のせいで、自分の人生も狂った。そう思っている。だけど、自分が父親の立場になってみて分かることも沢山あった。息子のためにまともな人生を送ろうとしても、世間がそれを許さない。真面目に働かせてなんてくれない。だから、安い犯罪に手を染めてしまう。息子のために... でも、本当は嫌がらせにも歯を食いしばって耐えて、真面目に働かないといけなかった。そこで何とか悪循環を断ち切らねばならなかった。でも父も息子も2人してそこを間違えた。そして、2人ともにやっとその間違いを理解した。そして... っていう希望。とても渋くて分かりにくいかもだけど、ラストは最高でした。そして2人の演技も終始最高でした。

90年代には多かったテーマだけど、最近はあまり見かけなくなった。2020年、ブラック・ライヴズ・マター運動の最中、またもう一度彼らの抱えた問題を深く考えてみたい。

(4.5点:1753本目)
www.blackmovie-jp.com