SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Piranha / ピラニア3D (2010)

Cast >> Richard Dreyfuss (Matt Boyd), Ving Rhames (Deputy Fallon), Elisabeth Shue (Sheriff Julie Forester), Christopher Lloyd (Mr. Goodman), Eli Roth (Wet T-Shirt Host), Jerry O'Connell (Derrick Jones) ...
Director >> Alexandre Aja
Writer >> Pete Goldfinger, Josh Stolberg
Producer >> Alexandre Aja, Mark Canton, Marc Toberoff, Gregory Levasseur
Genre >> Horror
Country >> USA

総合ポイント >> 3/5点満点
Contents >> 2 Performance >> 3 Direct >> 4 Music >> 3

Attack of 80's Guilty pleasure
アリゾナのレイク・ヴィクトリアにてマット(リチャード・ドレイファス)は釣りを楽しんでいた。マットが落としたビール瓶が池の底に着いた時に、小さな地震が起きて、池が大きな渦巻きとなり、マットは池の中に投げ出され、何かに襲われ殺された。地元のシェリフのジュリー(エリザベス・シュー)とファロン(ヴィング・レイムス)は捜査を始めるが、街は学生達のスプリングブレイクでごった返し、しかも有名AV監督(ジェリー・オコネル)も居て、町は騒々しい雰囲気で浮き足立っていた...

監督はわざと80年代のホラー映画を参考に作ったそうである。80年代のホラー映画ではお約束だった、エロい男と女が最初の犠牲者となるというあれも健在。スプラッターも健在。無駄なエロも健在。しかも「ジョーズ」のリチャード・ドレイファスに当時の衣装を着させてボートに乗せたり、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクにまたマッドサイエンティストを演じさせたりと、随分と80年代のパロディをやっている遊び心も良い。最近のアメリカのホラーは日本のホラーの影響で心底怖いホラーが増えていたので、こういうアメリカ本来のアホなホラーにフランス人監督が回顧したのは面白い。ただ、肝心のピラニアの模型がイマイチだったかな??

こういうやましい気持ちで楽しめる映画がそういえば減ってきていた。肩の力をいれずに1人でこっそり楽しむのには丁度いい。スティーブ・マックイーンの孫が童貞な役を演じているなんて、おじいちゃんではそんな役はあり得なかったので、ほくそ笑むしかないでしょう!そしてヴィング・レイムスの最後のアレは見事でしょう!

(2/20/11:DVDにて鑑賞)