SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Cooley High / 日本未公開 (1975)

Cast >> Glynn Turman (Leroy "Preach" Jackson), Lawrence Hilton-Jacobs (Richard "Cochise" Morris), Garrett Morris (Mr. Mason), Cynthia Davis (Brenda), Corin Rogers (Pooter), Maurice Leon Havis (Willie), Joseph Carter Wilson (Tyrone) ....
Director >> Michael Schultz
Writer >> Eric Monte
Producer >> Steve Krantz

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Unable to remember yesterday, we live for today
プリーチ(グリン・ターマン)とコーチーズ(ローレンス・ヒルトン=ジェイコブス)の2人はシカゴの「クーリー高」に通う親友だった。プリーチは将来ハリウッドで脚本家になる事を夢みていて、コーチーズはバスケットボールで大学から奨学金を得る事になって将来が期待されていた。2人は他の3人と学校を抜け出してサボったり、パーティーや映画等に出かけて遊んでいた。しかしストーンとロバートとドライブに出かけた事からトラブルに巻き込まれ...

青春映画には必ずと言っていい程、甘くもほろ苦い思い出が付きまとう。でもこの映画程、主人公達と自分を重ね合わせて、もしかしたら自分の事を描いている映画なんじゃないか?と錯覚さえおこさせる映画はない。日本とアメリカという違いによって、多少の環境や遊び方は違うけれど、プリーチとコーチーズの思いは十分に通じる物がある。そして、こういう高校時代の思いは、時代を超えて訴えてくるものがある。「自分もああいう風に感じていた...」という感情が、今の自分の状況や思いとあの頃の自分を比較して、ほろ苦さを感じる。そしてモータウン産の甘いサウンドが、私達の魂をスクリーンの中に引き込ませて、プリーチとコーチーズに感情移入させる。

この映画を毎回手にする度に、自分のあの時代にタイムスリップをしてしまう。毎回、自分の親友の顔を思い浮かべ、その友に感謝の気持ちが新たに生まれる。そして毎回、思い出と共に今日という日を生きていこうと強く思わせてくれる...

(4/15/02, 4/24/08:DVDにて鑑賞)