SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Penitentiary / 日本未公開 (1979) 702本目

ちゃんと観てみた。80年代のカルト映画。3部作。見た記憶はあるのだけど、この1作目じゃないかも。2作目がおそらく一番有名。ミスターTが一番人気のある頃に出演しているから。でも日本で出たのは3作目。一番ダメな3作目。となると、観た事あるのは3作目かもしれない。実はこれ、うちのオッサーーン1号(2号はデーモン・ウェイアンズで3号はデンゼル・ワシントン。一号以外はもちろん妄想)が持っていたDVDです。かなり好きらしいです。でもなぜか「3」は持ってません。「3」はそういう事です。
ジャマー・ファナカが制作。この映画よりも先に制作している「Emma Mae / 日本未公開 (1976)」は佳作。中々面白かった。でもジャマー・ファナカを有名にしたのは、この作品。ジャマー・ファナカはUCLAの映画科の卒業生。というと、「Killer of Sheep / 日本未公開 (1977)」のチャールズ・バーネットとか「Bush Mama / 日本未公開 (1979)」のエチオピア出身のハイレ・ゲリマに「Daughters of the Dust / 自由への旅立ち (1991)」のジュリー・ダッシュ等が70年代にその映画科で斬新で個性的で芸術性に優れた新しいブラックムービーの波を作っていた頃。でもこの3人とは違ってかなりエンタテイメント性に優れた作品を作っていたのがジャマー・ファナカ。ブラックスプロイテーションの影響も強い。この映画にはかなりの割合で、エロチックな場面も多い。まあ、刑務所での話しなのでそれなりにエロも濃くなりますわね。

ヒッチハイクをして気ままに暮らしていたのが主人公の甘すぎる男前のトゥー・スイート。車なんて拾えなくてもいいか的に、何も無い砂漠の道端で待っていたら、キャンピングカーで体を売りながら商売している白人の娼婦に拾われる。トゥー・スイートはライトスキンで割りと男前。なのでその娼婦に誘惑される。でもタイミング良く(悪く?)仕事の依頼が来たので、トゥー・スイートと共に依頼のあったダイナーに行く事に。しかし依頼者の2人(実は冒頭でトゥー・スイートを見かけてちょっかいを出していたバイカーの2人)が、トゥー・スイートを見かけて激怒。ダイナーで喧嘩になる。後ろから殴られたトゥー・スイートは気を失う。
とココで画面が刑務所に。と...いきなりこんな↓男が登場。

びっくりでしょ?更に...こんな↓男も登場。

こんな映像見せられてしまったら、絶対に刑務所行きはゴメンです。強烈な映像メッセージです。ジャマー・ファナカの衝撃的な映像が脳にこびり付きます。トゥー・スイートはなぜか気がついたら刑務所に入れられていたのです。90年代の終わり頃だったか、2000年の初め頃だったか...HBOで刑務所内のドラマを描いた「OZ/オズ」というドラマが流行りましたが、あれの先駆者。ゲイとかトランスジェンダー(オネエ系)とかも出てくる。また女性刑務所との関わりなんかもある。でもこの映画の主な部分はボクシング。ボクシングの才能によって、主人公がゲイの攻撃から逃れたり、古巣の囚人達からの嫌がらせを逃れたりする。そしてボクシングによって主人公は自由を手にする。そのボクシングと出会った事で、途中からロッキーみたいな感じになる。年老いた囚人からボクシングのテクニックを学んだり、「スクールウォーズ」のイソップみたいなキャラに「お前は誰の物でもないんだ!」と説教したり... 色んなドラマ要素が入ってくる。それと同時進行で、女子刑務所の囚人達とエロいシーンがあったり。お相手となったピーチズ(桃娘)がいい感じである。最初に書いた通り、80年代のカルト映画。今の30-40代のアメリカ男子は釘付けで見た筈だ。このエロい部分もだが、やっぱりボクシングの部分もね。これを観ると、やっぱり亀田親子は正しいのかもねと思ってしまいます。ボクシングは不良の物。ああいう態度がボクシングそのものなのかも...とは思います。特に、こういう刑務所だとやるかやられるか?の世界ですから、やるしかないんです。ルールも無用。タオル投げも意味なし。「あしたのジョー」みたい。だからこそなのか、ボクシングはドラマになる!こういう風に不良が更生するのにはボクシングがピッタリ。「The Education of Sonny Carson / 番長ブルースUSA (1974)」にも似た映像の衝撃がある。ドラマ的には違うけど。

とはいえ、かなり刑務所の映像とか生々しいのですが、全てジャマー・ファナカ監督のファンタジーな世界なのです。刑務所に入った事もないし、UCLAに入る位なのでかなりの優等生だったみたい。インタビューではこう答えてます。「スター・ウォーズを作ったジョージ・ルーカス宇宙戦争を経験した訳じゃないよね。彼の想像であの世界を作り上げた。私もそうなんだよ」。あのスター・ウォーズとこの映画を並べてしまうところがさすが。この1作目は制作費も全然無くて、大変だったみたい。撮影の最終3日間は出演者にランチを出すお金も使い果たしてしまい、この映画で強烈なオネエ系を演じていたハイ・ファイがフードスタンプ等の寄付を得て、自宅でみんなに料理を食べさせたりしたとの事。でもこの1作目が当たって、2作目は制作費も弾み、あのミスターTも出演(ちなみにドールマイトルディ・レイ・ムーアも登場している)。で、3作目で大コケしてます。主役は「Cooley High / 日本未公開 (1975)」を観たファナカがグリン・ターマンに依頼して承諾を得たけれど、ちょうどターマンがアレサ・フランクリンと結婚した頃だったので話が流れて、可愛子ちゃんのレオン・アイザックケネディに決まった。ターマンは「2」に出演。右上の写真はケネディと元妻でミスコン出身の女優にキスするモハメド・アリ。ちなみに「Emma Mae / 日本未公開 (1976)」はUCLA在学中に制作した作品。ジャマー・ファナカ強烈だな。

感想やあらすじはこちら

(4.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)