SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

J.D.'s Revenge / リインカーネーションの恐怖 (1976)

Cast >> Glynn Turman (Isaac / 'Ike'), Louis Gossett Jr. (Reverend Elija Bliss), Joan Pringle (Christella), Carl W. Crudup (Tony), James Watkins (Carl), Fred Pinkard (Theotis Bliss), Jo Anne Meredith (Sara Divine), Alice Jubert (Roberta Bliss / Betty Jo), David McKnight (J.D. Walker) ...
Director >> Arthur Marks
Writer >> Jaison Starkes
Producer >> Arthur Marks
Genre >> Horror

総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 3 音楽 >> 3

"Smoke weed, Don't let mind tricks on you"
1942年ニューオリンズ。食肉解体場で女性が殺され、そして駆けつけた男性も殺された。殺された女性はベティ・ジョー・ウォーカー(アリス・ジュバート)、男性はJ.D.・ウォーカー(デビット・マックナイト)だった。そして今日、アイク(グリン・ターマン)は、明るくリーダー的な男で、弁護士を目指している学生で、今はタクシー運転手で生計を立てている。妻のクリステラ(ジョーン・プリングル)も献身的に支えていた。ある日、2人が友達とダブルデートし、そこで催眠術のショーをやる女性のクラブに入った。アイクが催眠術に掛かるのを笑って楽しんでいた。しかしそこでアイクには、J.D.の悪霊がついてしまう。アイクは頭痛に悩まされ、そして徐々にJ.D.の性格などが出始める。J.D.はハスラーで女遊びが酷くてナンバー賭博などをし、ナイフを持ち歩くアイクとは正反対の男だったのだ。J.D.の悪霊は、自分と妹のベティ・ジョーを殺した男へのリベンジを果たすべく、アイクの体を使うが...

アメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ制作のホラー映画。ワースト映画と評される事が多い。でもなにこれ面白い!!グリン・ターマンが正反対な男を熱く好演していて、引き込まれる。滅茶苦茶いい奴が滅茶苦茶悪い奴になってしまう苦悩、そしてどうしても自分の死を解決してやるぞ!という執念の両方をターマンの演技から感じ、とても切なくなる。そしてJ.D.役のマックナイトからも怨念を感じて、鏡に映ると結構怖い。うわ!っとなる。最高だ。そしてなんと言ってもロケーションが良い。撮影はヴァージニアなどでも行われたようだが、ニューオリンズに設定したのが上手かった。当時のバーボンストリートが見れるし、なにしろニューオリンズには幽霊話が多いのだ。あるな!と思わせる。

これは確実に「良い」ワースト映画。人々に好かれるタイプのワースト映画。さすがにターマンがコンクまでしちゃうのは笑ってしまうが、それもある意味怖くてカルトとなった!

(8/8/15:DVDにて鑑賞)