SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sparkle / 日本未公開 (1976) 134本目

はてな年間100本映画クラブ

未だ「ドリームガールズ」の興奮冷めやらずって感じですよねー。え?いい加減に冷めてきたって??この映画も「ドリームガールズ」同様にダイアナ・ロスシュープリームスをモデルに作られた映画と言われてます。この映画のカルト人気を経て、インスパイアーされ舞台の「ドリームガールズ」が出来たと言われてます。サントラも豪華にアレサ・フランクリンが全曲歌い、人気でしたね。
と、今の「ドリームガールズ」旋風を受けて、逆にこの映画がアメリカにてDVD化されました!(パチパチ)スペシャルエディションは、アレサの曲が5曲だけついてます。全曲じゃないのがミソですかね。私も以前から見たいなーと思っていたのですが、今どきビデオ買うのもなーと思っていたので、DVD発売は嬉しいニュースでした。

では本編。「ドリームガールズ」のビヨンセの黒いスーツに帽子姿にはやっぱり美しいなーと思ったんですが、この映画の1番上のお姉さん役のロネット・マッキーのドレス姿がね、ビヨンセに負けない位美しい!ロネット・マッキーと言えば、「ジャングル・フィーバー」でウェズリー・スナイプスに浮気される妻や、「マルコムX」ではマルコムのお母さん役とかやってましたね。その時には、そんなに美しいとは思えなかったんですよね。でもね、この映画では最強です。だからこそ、アイリーン・キャラ演じた主役の「Sparkle」が霞んでしまうんですが、それは「ドリームガールズ」でビヨンセが目立たなかったのと同じ理由なんですよね。訳があるんですわ、素晴らしい演出です。今の時代だったら、確実にロネット・マッキーもオスカーノミネートでしたよね。
この映画の脚本を書いたのが、ジョエル・シューマカー。ブラックムービーでは「カー・ウォッシュ」とか「ウィズ」とか... 有名なのでは「セント・エルモスファイアー」とか「バットマン・フォーエヴァー」とか。外さないですよ。面白いです。んで、男の人どこかで見た顔なんだよなーって思ってたんですよ。「ラスト・ドラゴン」のタイマックに似てるけど、ちょっと違うんだよーって思っていたら... 「マイアミ・バイス」のオリジナル・リカルドでした!Tシャツにジャケット、そして白い靴じゃないから分からなかった(笑)

(4.5点/5点満点中:DVDにて観賞)