SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sparkle / 日本未公開 (1976)

Cast >> Philip Michael Thomas (Stix), Irene Cara (Sparkle), Lonette McKee (Sister), Dwan Smith (Delores), Mary Alice (Effie), Dorian Harewood (Levi), Tony King (Satin) ....
Director >> Sam O'Steen
Writer >> Joel Schumacher, Howard Rosenman
Producer >> Howard Rosenman

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Sparkle in the time!
シスター(ロネット・マッキー)、スパークル(アイリーン・キャラ)、ドロレス(ドーン・スミス)は、ニューヨークのハーレムのアパートに母(メアリー・アリス)と住む3人姉妹だった。シスターは、ストリートでやり手レヴィと、スパークルはミュージシャン目指すスティックス(フィリップ・マイケル・トーマス)と付き合っていた。5人は、ある日レヴューを見てから、シンガーを目指し、シスターの才能と美貌ですぐに人気となるが...

ミュージカル映画の最高峰に位置するであろう「ドリームガールズ」... または、カルト人気のロバート・タウンゼントの「The Five Heartbeats」、はたまたTV映画の「The Temptations」等を先に見ている人には、物足りなさを感じるかもしれない。時代が前後したからである。それらの映画を見てしまった事実は取り戻せない。でも、この映画にもそういった映画の面白い部分...当時を思わせる最高の音楽シーンがある。この映画でも、5人が見に行くレヴューにマントで演出したシンガー等がThe Cloversの「Love Potion No. 9」を歌ったり、司会者が本物のコメディアン(ティミー・ロジャース)でお客を笑わせたりするシーン等があって、当時の雰囲気が出ていて興味深い。物語の軸ともなる、姉妹2人の恋物語にも胸がドキドキする純粋さもある。確かに物語の単純さやキャラクターの説明不足的な部分もあるが、メアリー・アリスの台詞「私はずっとハーレムで生活してるの、私にはねずみは見ればすぐに分かるのよ」という台詞が、白人であるジョエル・シュマッカーが書いたとは思えない程にリアリティがある。

確かに今見たら時代遅れかもしれない。でも、絶対に当時見ていたら時代の先端を言っていたのは分かるし、今でも人を虜にするカルト的な面白さを秘めている作品。

(3/14/07:DVDにて観賞)