SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Comic Calling / 日本未公開 (2006)

Cast >> Justin Scales, Jasper Redd, Norm Goldblatt, Tim Lee, Leah Eva ...
Director >> Tim Lee
Writer >> Tim Lee

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 4

なぜ笑いを求めるのか...
サンフランシスコを中心に活動している若手コメディアン達が語るスタンダップコメディとは...

監督を務めたティム・リーもコメディアン。当初彼はコメディアンになる筈ではなかった... 彼は大学を卒業し、生物学のPh.Dまで取得し、研究所に入って研究する筈だったのだ。同じサンフランシスコで活躍中の仲間のコメディアン達は、監督とは全く状況は違うが同じ目的でがむしゃらに頑張っている。そのコメディアン達が語るコメディ。とりわけスタンダップコメディについて語る。彼の言葉は舞台に立つコメディアンとはまた違った一面を見せ、それでも言葉を慎重に選びながらストレートに真実を語る。表情こそは違うが、真実を語る姿にやはりコメディアンの姿を見る。
監督のティム・リーは、大きなコメディクラブだけじゃなく、サンフランシスコに無数に存在するアンダーグラウンドなコメディクラブの映像も交えて、普段中々見れない者にとっては面白い映像で、生の映像という雰囲気がある。

ラストでは、ティム・リーとは全く違った経歴を持つ、高校を卒業して掃除夫を4年勤めてお金をためテネシーからサンフランシスコに出てきたジャスパー・レッドの一言がリフレーンする。Ph.Dまで取得した監督が探し求めていた答えが彼の一言だったからだ。
舞台には学歴は存在しない、私達が求める真実の言葉だけが舞台の上で存在する。

(3/1/07:DVDにて観賞)