SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

His House / 獣の棲む家 (2020) 1781本目

ブルブル、ワクワク、フレッシュなホラー『獣の棲む家』

イギリス産ホラー映画。というだけで、今までにない感じでワクワクする。監督・脚本はレミ・ウィークス。聞いたことがないので、IMDBで検索してみると、本作が長編デビュー作になる。IMDBでも以前作ったショート映画くらいしか情報がないので、Googleってみると、これまた情報がない。何とか見つけた情報が、コマーシャルの監督を担当して、それがカンヌコマーシャル祭にて賞を受賞。もうこれは調べれば調べるほどに新鮮で、フレッシュさを感じ、やっぱりワクワクする。ボル役のショペ・ディリスの方は知らなかったが、リアール役のウンミ・モサクの方は、TVシリーズラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』でよーく知っている! やっぱりワクワクしてしまうホラー映画。

紛争が多発している南スーダンから逃れ、イギリスに何とかたどり着いたボル(ショペ・ディリス)とリアール(ウンミ・モサク)夫婦。彼らはイギリス政府から、住む家を与えられる。ボロボロの家だったが、取りあえず住む所が出来てホッとする2人だったが、その家の壁に何かを感じ...

このホラー映画の怖さは、もちろんタイトルになっている獣でもあるのだけど、登場する心無い人たちが一番怖かった! 彼らに住むところを案内する職員(マット・スミス aka ドクターがめっちゃ好演!)が、「うちより広いし、いいよねー」とかね。いや、汚いし。何ていうか、彼ら難民を下に見ている感じにブルっと震えた。あと、リアールが初めて外を出たときに出会う高校生くらいの男の子たち。リアールと同じ黒人だけど、酷い暴言を吐く。あのシーンが私には一番堪えた。同じアジア系の人に不親切にされると、滅茶苦茶落ち込むという事を肌で知っているから。獣という敵だけでないリアルさが面白かった。

新人が作ったとは思えないリアルな怖さがあり、それだけでなくワクワクさせる新鮮さがある。
(4.5点:12/03/20:1781本目)
www.blackmovie-jp.com