SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Jingle Jangle: A Christmas Journey / ジングル・ジャングル ~魔法のクリスマスギフト~ (2020) 1780本目

器用な役者たちが楽しませる『ジングル・ジャングル』

フォレスト・ウィッテカー、アカデミー主演男優賞やカンヌ映画祭でも主演男優賞を受賞した言わずと知れた名優。だけど、歌えるの? と、正直思うが、歌えるんです! という、ミュージカル映画。あまり期待はしていなかった。デヴィッド・E・タルバートという元々はタイラー・ペリーみたいな舞台を演出していた人が監督。彼の作る映画は、どうも好きになれなかったというのが本音である。しかもこういう子供がメインのクリスマス映画はどうもお涙頂戴物語で好きになれる要素がないと思っていたのに... という感じです。

天使を見たという孫たちにおばあちゃん(フィリシア・ラシャド)が、話しを聞かせ始める。それは、ジェロニアス(フォレスト・ウィッテカー)という玩具づくりをしている発明家の話だった。ジェロニアスは、ドン・ファン・ディエゴ(声:リッキー・マーティン)という、動く人形を発明したが、弟子のガスタファン(キーガン=マイケル・キー)が、それを見つけ...

そういえば、フォレスト・ウィッテカーは『Black Nativity / クリスマスの贈り物 (2013)』でも少し歌っていた。あの時以上に歌っているのが今回の作品。なんでも、演技よりも先に高校時代からやっていたのがミュージカルで、演技を本格的に学んだのは大学から。オペラとかも学んでいたということ。今回の役のように観客に主人公可哀想と思わせるような感情移入させる役が上手い。でも、ウィッテカーがアカデミー主演男優賞を取ったのは、何の感情移入も出来ない冷酷で非道なイディ・アミンを演じた『The Last King of Scotland / ラストキング・オブ・スコットランド (2006)』だったりするので、何でも出来る名優ってことなんです。俳優としてでもですが、最近はプロデューサーとしても優秀だったりする。学生時代には、フットボール奨学金を貰っていたりして、何にでも「意外と」器用。だからこそ俳優として大成したのでしょう。物語自体は、まあ普通なクリスマス映画という感じではありますが、デヴィッド・E・タルバートにしては面白かった。子供たちが器用で可愛い。エディソン役は、アメリカの黒人には良く知られたTVシリーズFamily Matters / 日本未放送 (1989-1998)』の名物キャラであるアークルを彷彿させるイケてない男の子が魅力的だ。ザ・バディ3000は、名前はアウトキャストアンドレ3000だし、イメージは『Blankman / ブランクマン・フォーエバー (1994)』のJ-5、つまりは『ショート・サーキット』のナンバー5ぽさがある。それに、ジェームス・ブラウンのマントネタとか、黒人観客が楽しめる作りのミュージカルだ。

(4.25点:11/30/20:1780本目)
www.blackmovie-jp.com