SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

The First Purge / 日本未公開 (2018) 1661本目

Once Upon a Time in Wu-Tang State (36 Chambers)『The First Purge』

今やホラー映画と言えばジェイソン・ブラムっていう位、大ヒットホラー映画を制作し続けるブラムの「ブラムハウス・プロダクションズ」。彼らが手掛けた『パージ』は大ヒットし、3部作まで作られた。今回は4作目になる『The First Purge』だが、続編ではなく、最初の『パージ』の前の前日譚として、殺人もオッケーとなる無法地帯「パージ」が如何に出来たのかが描かれている。監督はジェームズ・デモナコからジェラルド・マクマーレイ(日本語表記なぜかマクムーリーになってますが、マクマーレイだよ!)に交代。私も気に入った『Burning Sands / ヘルウィーク (2017)』にて長編映画監督デビューしたのがマクマーレイ。期待しているので観た。これまた期待している『Insecure / インセキュアー (2016-Present)』のイラン・ノエルが主演!

クレイジーな男スケルター(ロティミ・ポール)がカウンセラーに憎しみを解き放つために「パージ」がしたいと語っていた。そして、とある「実験」まで2日前、ニューヨークのステタンアイランドにある貧困層が住むプロジェクトでは、エレベーターが故障したり、水漏れがあったりと、住民たちは窮屈な暮らしをしていた。そこに住むのは、ナイヤ(レックス・スコット・デイヴィス)と弟のアイゼイア(ジャヴァン・ウエイド)だった。ナイヤはステタンアイランドで実験的なパージが「新しいアメリカ建国の父たち」によって開始されると聞き、反対派の活動家として精力を注ぎこみ、弟を別の街に住む親戚の所に行かせた。しかし、アイゼイアは姉も知らない別の顔を持っており、そのいざこざでスケルターに首を傷つけられた。そしてステタンアイランドの住民は、パージに参加すれば「新しいアメリカ建国の父たち」が5000ドル(約50万円)貰えると聞き、住民を巻き込んでいく。そしてプロジェクト一帯の麻薬取引を牛耳るドミトリ(イラン・ノエル)も徐々に巻き込まれていって...

という事で、なぜか舞台がスタテンアイランドスタテンアイランドと言えば、ウータン・クラン!な訳ですが、ウータンは全く関係ありません。そのウータンのカンフーオタクなお陰で、スタテンアイランドの愛称は「シャオリン(少林)」なので、少林寺拳法の達人が沢山居そうな強そうな街なんじゃないかと勝手に私は思ってしまっている。実際、スケルターが手ごわい!って、見た目から雰囲気から滅茶苦茶怖いんですけど!夢に出てきそうなんですけど!今日の写真の人がスケルターです。ムキムキな勝てない怖さじゃなくて、どちらかと言ったらガリガリで弱そうなんだけど、クレイジー過ぎで関わりたくないタイプの怖さ。今年一番絡みたくないタイプ。あ、いや2番目かな?

やっぱりイラン・ノエル好き。50セントみたいな体格で銃弾にも屈しない頼れる兄貴って感じで良い!レックス・スコット・デイヴィスは、今年公開された『SuperFly / 日本未公開 (2018)』のヒロインですね。こちらの真面目な感じの方が全然似合っている!

最後、何だかんだで皆で熱くなって...そしてケンドリック・ラマーの「Alright」が掛かっていい感じになるんですが...「おい、良くないだろ!」と冷静に思っちゃいました。「新しいアメリカ建国の父たち」があの人たちに見えてきて、それが一番怖かった!何かアメリカにとって他人事じゃないような?


www.blackmovie-jp.com
(3.5点:1661本目)