SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

映画秘宝3月号

2018年ベスト&トホホ10

今年も恒例となりました映画秘宝3月号「2018年ベスト&トホホ10」に参加させて頂きましたー。いえぇぇえええーす。私はまだ本誌を見ていないのですが、ネットに見事にネタバレがありましたので、それでチェックしたら、私のトップ10は全然ランキングに絡んでおりませんでしたー。あははー(笑ってごまかす)。っていうか、えぇええええ!私の①が入っていないことに驚きが隠せません。②と④は日本公開時期から考えて、来年枠ですね。毎年、アレもコレもと悩むのですが、今年は割りとスパっと決まりました。⑦はこれからブログにアップする予定ですが、⑨の『Sweet Country』は、ツイッターでも感想つぶやいておりませんし、ブログにもアップする予定はありません。なのでここでサラっと書きますが、1920年代のオーストラリアが舞台で、アボリジニの男性がどーーーーーーしようもない白人男性の下で数日働くことになってしまい、そこでやはりイザコザがあって... その末にアボリジニの男性が逃亡する羽目になり... という物語なのですが、逃亡劇が中々面白く、それがオーストラリアとは元々誰の土地だったのか?を痛烈に感じる作品でして、とても骨太な面白い作品。ベネチア映画祭で特別審査員賞を取っている。日本でこの映画を紹介しているのを見たことないので、書いてみました。あと写真で①をネタバレしている感じもしますが、まあもうどうせバレているでしょ?(笑)

そして、「ドラマ&配信・オブ・ザ・イヤー」にも参加させて頂いております。こちらはかなり悩み3作に絞りました。好きな作品と紹介したい作品を選んでみました。やっぱり①が最高に好きです。『9-1-1:LA救命最前線』もライアン・マーフィーぽく、派手で度肝を抜くようなストーリー展開で面白いので悩みましたが、③の方が好きかな?と③に。まだ日本未放映のシリーズにも面白いのが沢山あるので、選べないのが残念な所です。

映画秘宝 2019年 03 月号 [雑誌]

映画秘宝 2019年 03 月号 [雑誌]


という訳で、是非ともよろしくお願いいたします。


<しれっと追記 1/25/19>

ブラック・フィルムというサイトをやっているアメリカの映画批評家の2018年のトップテン。私のトップテンの⑧とこの方の7位が一緒!この作品、普通だと中々トップテンに入らないと思う。この時、私はもう原稿提出済だったので、見た時笑いました。ブラックムービー系が好きな人にはたまらないアクション映画なのかも?と。ブラックムービーじゃないんんだけど。渋カッコいい映画。この方とはその他色々被っております。

そんなこんなで、よろしくお願いいたします。なんでも売り切れするらしいので、まだ見かけましたらお早目に!