SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Widows / 妻たちの落とし前 (2018) 1660本目

渋い!渋すぎる!『妻たちの落とし前』

12 Years a Slave / それでも夜は明ける (2013)』にてアカデミー作品賞を受賞したイギリス出身スティーヴ・マックイーン監督の最新作で、『Fences / フェンス (2016)』にてアカデミー助演女優賞を受賞したヴァイオラ・デイヴィスが主演!のクライムスリラー映画と、この1文だけで相当凄い紹介文ですが、更にみんなの観たいという欲望を刺激する1文を投下しておく。なんとあのリーアム・ニーソンが出ている!!!更に書いちゃうと、みんなが大好きなミシェル・ロドリゲス姐も出ている!とまあ、いい感じの人たちが一杯出ております。ブラックムービー的にはTVシリーズAtlanta / アトランタ (2016-Present)』のペイパーボーイ役のブライアン・タイリー・ヘンリーに、『Get Out / ゲット・アウト (2017)』の主役クリス役のダニエル・カルーヤまで出演!エリザベス・デビッキコリン・ファレルまで出演しており、豪華キャスティングとはこのこと。

シカゴで、強盗を終えた一台の車が警察から追われていた。追われた犯人、それぞれに愛する妻、または恋人が存在していた。しかし警察に追われた結果... 一方、シカゴでは市会議員選挙が控えており、黒人居住地区であるサウスサイドでは、長年そのポストを務めてきた政治一家の息子ジャック・マリガン(コリン・ファレル)と黒人の新人ジャマール・マニング(ブライアン・タイリー・ヘンリー)が一騎打ちとなっていた...

と、ネタバレを一切せずにプロット書こうとするとこれしか書けない!まあある程度のネタバレはしていいんだろうけど、取りあえず書かないでおきますね。

まあ一言で書けば、渋い!この言葉に尽きると思います。このキャスティングの面子なので、スリラー要素よりもドラマ要素の方が強そうだけど、しっかりとスリラー要素もありつつ、もちろんドラマとしてもしっかりと作られている。ま、何せ『Hunger / ハンガー (2008)』でミヒャエル・ファスベンダーに20分もの長台詞を長回しで撮った変態(いい意味で)監督のスティーヴ・マックイーンなので、凄く見どころの多い映画。ラストシーンとか凄く上手くて最高ですよ。途中でペットショップが出てくるのだけど、角にあるお店で、良い感じの雰囲気。あれ、あのシーンだけの為に凄くロケハンしたんだろうなーとか感動しちゃいます。そういうマックイーンの拘りが観れる。

そして、前に映画秘宝ミシェル・ロドリゲスのインタビューのお手伝いをしたときに、何度も繰り返し聞いたので凄く覚えているのだけど、この映画の事も話していて、エリザベス・デビッキの事も褒めていた。その理由が見て分かりました。デビッキが良い感じ。そして、80年代から映画観ている私にとっては、ルーカス・ハースがぁああああ!!『刑事ジョン・ブック 目撃者』が印象的。今でも大作にコンスタントに出ているんだけど、この映画はインパクトあり印象的で、「ああ、だから私も老けたんだな」って思いました。ジャッキー・ウィーヴァーも良い。一番良いのは犬のオリヴィア!優秀!

この映画から出てくるだろうなーと凄く感じたのが、ベル役のシンシア・エリヴォ。マックイーン監督と同じくイギリス出身で、両親はナイジェリア出身。イギリスの王立演劇学校にてトレーニングを積み、ミュージカル版『カラー・パープル』でトニー賞を受賞している本格派。黒人奴隷を北部やカナダへの逃亡を手助けする地下鉄道のハリエット・タブマンを描く2019年公開予定の『Harriet』で主役のタブマンを演じる予定。と、絶対にこれから来るタイプの役者さんです!楽しみ。

テンポ良く進まないタイプの物語でアクションなのですが、じっくり渋い物語で熟練された演技に唸るタイプの渋い作品です。主人公の女性たちも肉体的・精神的に強いというより、知性と長年の情や勘で戦っていく感じが私は凄く好きです。

www.blackmovie-jp.com

(4.25点:1660本目)