SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Thriller / 日本未公開 (2018) 1688本目

ゲット・アウト』を超えられるのか?『Thriller』

Get Out / ゲット・アウト (2017)』を大きく当てたブラムハウス。第2のジョーダン・ピールを探そうと、ブラムハウスも積極的になっている感じを受ける。その役割に抜擢された一人が、ダラス・ジャクソン。ジョン・シングルトン監督がBETと組んだ『Rebel / 日本未放送 (2017-)』というTVシリーズでプロデューサーをしていた人だ。とはいえ、まだまだ情報が少なく、本当に出たばかりの新進監督である。そういう人にもチャンスを与えるブラムハウスだからこそ、『ゲット・アウト』みたいな作品も生まれたんだと実感する。

ロサンゼルスのコンプトン。中学生ながら大柄なチョンシーは、好きなリサから呼ばれ、2人で廃屋に入った。それは、リサが他の子どもたちに頼まれて仕組んだ罠だった。チョンシーは吃音症で子供たちからイジメられていたのだった。逃げるチョンシーをひつこく追う子供たち。2階で揉みくちゃになったところ、チョンシーはアマニを推してしまい、アマニは転落死してしまう。チョンシーはその場で逮捕。時を経て、リサ(ジェシカ・アレイン)やあの時の子供たちはコンプトン高校に通い、高校生活をエンジョイしていた。しかし、リサたちの周りで物騒なことが始まり、風の噂でチョンシー(ジェイソン・ウッズ)が刑務所から帰ってきたという噂が広まり...

ブラックムービーのゼロ世代辺りに沢山あったB級...どころかC級、Z級... の映画を思い出した。正直。無名な役者たちが出ていて、舞台をコンプトンにしただけの... と思ったら、最後に「ほほほーう、そう来ましたか」となった。とは言え、『ゲット・アウト』ばりの凄さとか面白さとか上手さは全くありませんので、ご安心を。これね、ミスキャストだと思うんですよね。主役のリサとかチョンシーが「誰?」っていう感じなんです。脇のアンドレ役のテクアン・リッチモンドとかジーナ訳のペイジ・ハードの方がまだ知られている。2人は、クリス・ロックのイケていない中学ー高校時代を描いた『Everybody Hates Chris / 日本未放送 (2005-2009)』にて共演している。リッチモンドクリス・ロックのイケていてモテモテの弟役で、ハードは確かクリス・ロックの家の隣の憧れの女の子だったと思う。という訳で、この2人がキャリアあるから、やっぱり上手いし、他と一緒だと浮いている(いや、浮いているのは彼ら2人以外なんだけど)。

で、高校生以外のキャスティングが微妙に豪華。『Fences / フェンス (2016)』とか『フォレスト・ガンプ』のシュリンプ・バッバで知られているマイケルティ・ウィリアムソンが刑事役で、デリックのママ役が『Coming to America / 星の王子ニューヨークへ行く (1988)』にてエディ・マーフィ演じるアキーム王子がNYに行く前に紹介された許嫁役のヴァネッサ・ベル・キャロウェイ、リサのママ役が『New Jack City / ニュー・ジャック・シティ (1991)』のウェズリー・スナイプスの軍団「キャッシュ・マネー・ブラザーズ」の女ギャング役だったヴァネッサ・ウィリアムス(Aの方。セデスじゃない方)だったりする。そしてウータン・クランのRZA先生がコンプトン高の校長先生!で、制作も担当。RZA先生は、監督作『Love Beats Rhymes / 愛・ビート・ライム (2017)』が良かったので、早く監督業に戻ってくださいまし!

とまあ、話題はあるホラー映画でした。

Thriller / 日本未公開 (2018)