SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Between the World and Me / 日本未公開 (2020) (TV) 1782本目

原作が分からなかった人に薦めたい『Between the World and Me』

タナハシ・コーツといえば、今や説明も要らないくらい有名な作家であり、私にとってはマーベル・コミック版『ブラックパンサー』のストーリー担当の強者。そのタナハシ・コーツ著書『世界と僕のあいだに』を舞台化した作品を、テレビ映画化した作品。と書いても、意味が分からないと思う。『世界と僕のあいだに』は物語ではないのだから。舞台もそうなのだけど、『世界と僕のあいだに』を役者や歌手などの有名人たちが朗読しているのです。主演は、マハーシャラ・アリアンジェラ・バセット、アンジェラ・デイヴィス、アリシア・ガーザ、ジャレール・ジェローム、ジョー・モートン、ヤーラ・シャハディ、T.I.、ブラック・ソート、コートニー・B・ヴァンス、オプラ・ウィンフィリーなど。ちなみにですが、『The Equalizer 2 / イコライザー2 (2018)』で、デンゼル・ワシントン様演じるマッコールや、『ルーク・ケイジ』でもルーク・ケイジが読んでいたのが、この『世界と僕のあいだに』です。

15歳になる息子に伝える、アメリカのこと、アンジェラ・デイビスのこと、マルコムXのこと、そしてこの国で殺されたエリック・ガーナーのこと、タミア・ライスのこと、マイケル・ブラウンのこと、トレイヴォン・マーティンのこと、サンドラ・ブランドのこと、そして自分が通ったハワード大学でのこと、同窓のチャドウィック・ボーズマンのスピーチのこと、友人だったプリンス・ジョーンズが殺されたこと、プリンスのお母さんのこと...

そんな感じで、本からは少し足して(ボーズマンのスピーチとか)おります。それぞれ有名人たちが朗読するのですが、本を見ながら朗読するのではないです。でも、その有名人たちがそれぞれ演出している感じですかね。その人たちの特徴がちゃんとあって面白いです。もう、『The Brother from Another Planet / ブラザー・フロム・アナザー・プラネット (1984)』とか『Scandal / スキャンダル 託された秘密 (2012-2018)』で知られるジョー・モートンは、声の低さもあって重厚感があり、演出もあってゾクゾクしました。だからこそ、一番いい場面を担っております。IMDBにはなぜか載っていないのですが、『メッセージ』でアカデミー撮影賞にノミネートされたハワード大出のブラッドフォード・ヤングが撮影を担当しており、ヤーラ・シャハディのシーンとか素敵です。正直に書くと、タナハシ・コーツのこの本を読んだ時、ちゃんと理解出来ているか不安だった。この作品のお陰で、その不安をだいぶ拭うことが出来た気がする。私と同じ人ような人達がいるならば、彼らに勧めたい。

(4.5点:12/04/20:1782本目)
www.blackmovie-jp.com