SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Antebellum / 日本未公開 (2020) 1769本目

快感に辿りつけるか?『Antebellum』

これは前置き少なく書こう。ジェイーZの『Kill Jay-Z』の監督、ジェラルド・ブッシュとクリストファー・レンズのコンビが監督と脚本と制作担当。『Get Out / ゲット・アウト (2017)』の製作チームが製作しているが、ブラムハウスではなく、ライオンズゲートが製作。歌手で女優としても『Hidden Figures / ドリーム (2016)』などで活躍するジャネール・モネイが主演のホラー作品。新型コロナウイルスの影響で劇場公開からネット配信へと変更された。と、この程度の前置きで...

ルイジアナ州プランテーション(大農園)は、南部陸軍が所有していた。そこで働かされている奴隷たちは会話や休憩など厳しく管理されていた。そして、逃亡を図った奴隷が見せしめのために殺された。そんな中、奴隷のイーデン(ジャネール・モネイ)はお目付け役の1人に暴力を受けていた。そしてまた新しい奴隷たちがやってきた。その1人が、マスターの娘から「ジュリア」と名付けられた若い女性(キアシー・クレモンズ)だった。ジュリアは隙を見て、イーデンに話す。イーデンは密かに逃亡を図ろうとしていたのだった...

って、書いてますが、ここまでではおよそこの映画の全貌の20%も満たしてないですよ。まーーーーあああ、この映画は想像出来ない!全貌が明らかになった時「うぉおおおおお!」ってなった面白い作品。途中から少しずつ種が明らかになっているのだけど、それでもまだ全貌は分からない。と、全貌がそんじょそこらのことでは分からないよ! ……ってことを書いて文字数埋めてます。これは、何も聞かずに観て欲しい。とにかく観て欲しい。『ゲット・アウト』が「はっはーん!」と分かって好きになった人には、この映画の意味がすごく分かる筈。何と言うか、『ゲット・アウト』で描いたことが理解できる人とできない人が分かれると思うのだけど、この映画も『ゲット・アウト』と同じでリトマス試験紙になる。分かった人は、ゾーっとする。これまたキャスティングが上手い。イーライとか殺された女性とか、もうね、そう見えるもん。

分かった者が辿りつける恐怖感と快感。こういう映画は癖になる。世の中、全てが分かるか分からないか、そのどちらかだから。

(4.75点/1769本目)
www.blackmovie-jp.com