SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Dope / 日本未公開 (2015) 1372本目

( *´艸`)ふふふ、もう我慢出来ない!言いたい!早く言いたい!!なんていうか、最近のヒップホップ映画が最高だよね。『Big Words / 日本未公開 (2013)』もそうだった!!90年代ヒップホップを扱うと絶対に映画が良くなる。いやー、この映画本当に最高でした!!

マルコム(シャミーク・ムーア)は、所謂ギーク。友達のディギー(キアシー・クレモンズ)もジブ(トニー・レヴォロリ)もギーク。3人は悪名高いロサンジェルスのイングルウッドに住み、毎日チャリで学校に通っている。マルコムは成績優秀で、ハーバード大学を狙っている。大学入試のパーソナルエッセーは「アイス・キューブの”イット・ワズ・ア・グッド・ディ”の重要性について」で、曲を分析してみせたほど90年代のヒップホップに心酔していた。けれど校長には「なにこのエッセー?ふざけてるの??それにイングルウッドからハーバードなんて無理に決まってるじゃん!」と一蹴。しかし近々、推薦してもらえる人に会って面接する予定。校長は「無理だと思うけどね」と、一枚の名刺をマルコムに渡す。ディギーはレズビアンで完全なる男の子、ジブはインド系だがancestry.comによると14%は黒人らしい。3人はパンクバンド「オレオ」を結成している。マルコムはバス運転手のママと暮らし、父親の事は知らない。どうやらナイジェリアに逃げたらしく、いつの日か『Super Fly / スーパーフライ (1972)』のビデオテープと絵葉書を送ってきた事だけが父との記憶。学校ではジョックやチョイ悪系に属するバグ(キース・スタンフィールド)にイジメられ、スニーカーを取られる事もあった。そんなマルコムの憧れは近所に住むナキア(ゾーイ・クラビッツ)。しかし話す事すら出来ない。ある日、近所のドラックディーラーであるドム(A$APロッキー)に、代わりにナキアに話してきて欲しいとパシリにされ、ドキドキしながらナキアに話しかけた。クラブで開催されるドムの誕生日パーティに誘ったのだった。ナキアはドキドキするマルコムに「貴方が行くなら行くわ」と答えた。これはチャンスとマルコムは仲間と共にクラブに行くが、ケミカルウォッシュのジーンズのダサい奴等はもちろん門前払い。しかしドムが話しをつけてくれて中に入るが...

って、ここからの展開が凄いんですよ。カーダシアン一家の未成年の女と付き合っているタイガ(Tyga)が...もうゲラゲラ笑った!A$APロッキーにMOORSやっているキース・スタンフィールドに、新世代のラッパーが出演。スタンフィールドは俳優が本業だから当たり前だけど、演技力が心配されたA$APロッキーが中々良い!!悪すぎもせず、だからと言って不良性が全然無いとも言えず、いい塩梅でしたね。この世代のラッパーは演技も上手いねー、ロッキーといい、YGといい!!まあ彼等が俳優として出ているという事もあるんですが、この映画はヒップホップがもう一つの主役でしたねー。主人公が90年代ヒップホップが大好きなので、その年代のヒップホップが一杯掛かる!エリックB&ラキムの「Juice」とか、Nasの「The World Is Yours」とか、ア・トライヴ・コールド・クエストとか、ノーティ・バイ・ネイチャーとか、ディガブル・プラネッツとか!!!!音楽を担当したのがファレル・ウィリアムス。でもヒップホップだけじゃなくて、ギル・スコット・ヘロンとかも”効果的”に掛かるんだよ!最高でしょ!

この映画のヒップホップも最高だけど、女優も最高だった!マドンナ役のゾーイ・クラビッツは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に続いてだけど、今回はまた全然違っていて可愛い。立派な憧れマドンナでしたよ!なんていうか頭のいいギークが惚れるに等しい「綺麗なお姉さん」でしたよ。仲間の一人であるディギー役のキアシー・クレモンズがこれまたチャーミング!!男ぽいんだけど、いや男よりも男で男らしい!!「私たちも行きたいって言ったんだし、同罪」という時は本当にカッコ良くて惚れた!そしてモデルであるシャネル・イマンね!ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルだったと泣く子も黙る経歴をもちながら、あそこまでやるかー!!という衝撃ね。もうただただビックリ。あそこまでやるとカッコいいね。彼女の場合、やる必要なんて無いからね!!完全にファンになったわ!って、元彼のA$APロッキーと共演しているんだよね。

って、この映画のリック・ファムュイワ監督って、LA撮るのが上手いね!スパイク・リーのニューヨークと同じものを感じるよ。『The Wood / ソウル・メイト (1999)』に続いてのイングルウッドもの2作目。ナイジェリアの移民としてLAのイングルウッドで育ったファムュイワ監督の絵が、LA観光しているみたいで面白かった!

台詞とかもいちいち面白い!「白人もの(White Sh*t)リスト」にDonald Glover / ドナルド・グローバーが入ってたのが笑ったわ!もちろん主役のマルコム役のシャミーク・ムーアも可愛すぎる!ファムュイワ監督って、この年代の男の子を撮るのが本当に上手い!『ソウル・メイト』のショーン・ネルソンも最高だったもんね。主人公くらいの年の頃は苦労してナンボ!苦労とか失敗とかが、自分の糧になる。だからこそ主人公が自分で考え、自分の人生を変えた所に物凄く共感出来るんだよね。この映画の持っているメッセージ性も最高だよ。

そして今回はディアンドレボンズが完全復活!口論の末におじさんを殺してしまって、ずっと刑務所に入っていた俳優。『Get on the Bus / ゲット・オン・ザ・バス (1996)』にも出ていたことがある。今回は学校の警備員役で、いい感じですよ!

と、我慢できずに先にこの作品を紹介しちゃいました。観た日が前後しちゃうけど、ごめんねー。また長々と...これでも半分に抑えましたから!!まだまだ話したいネタは一杯!って位、この映画には一杯ネタが詰まってます。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(5点満点!:6/19/15:劇場にて鑑賞)