SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

ATL: The Untold Story of Atlanta's Rise in the Rap Game / 日本未公開 (2014) (TV) 1278本目

音楽専門TVチャンネルVH1。けど最近は音楽じゃないつまらんリアリティ番組ばかりで、私は呆れ顔なんだけど、たまーーーにこういうドキュメンタリー作りよるよねっていう... あと、やたらとジャクソン5の映画『The Jacksons: An American Dream / 日本未公開 (1992)』とか、テンプテーションズの『The Temptations / ゲット・レディ! 栄光のテンプテーションズ物語 (1998) (TV)』を無限ループ状態で何回も再放送しているイメージ。まあその2作品とも好きなのでついつい見ちゃいますけど... でも散々ラップやヒップホップのドキュメンタリーは作り倒したので、今回はよりマニアックに、そして狭く... なんとアトランタのラップについてドキュメンタリーを作りよった!でも大好きなので、私的にはデカシタ!!と大喜び。でもさ、TVのガイドと実際の放送時間が15分くらいズレていて、録画失敗してんの!ムッカー!最初の15分くらい、そのくだらないリアリティ番組録画されていた。激怒よ。で、仕方なくサイトで見たんだけど、これまたCM多すぎでCMによっては進めないのもあったりで、実際には2時間くらいかかったわ、この映画見るのに!!と、VH1にはイライラしますが、この映画は最高っす!!

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師が生まれたジョージア州アトランタ。なので公民権運動の重要な拠点となった場所でもあった。しかし70年代にニューヨークで生まれたヒップホップからは取り残された。生まれ故郷のニューヨークが主流で絶大な存在を示していたからだ。その後に全米に飛び火したヒップホップは、西のエンターテイメントの都ロサンジェルスでは、ストリートの現状をそのままライムにしたN.W.Aを代表するギャングスタ・ラップにてニューヨークに対抗し、人気を得た。もちろんアトランタの黒人の若者たちもヒップホップに夢中になったが、どうもニューヨークの真似になってしまうのであった。そしてそんなアトランタのヒップホップは尊敬を集める事もなかった。しかしアトランタでは、レコード屋やスケート場などが地道にアトランタのヒップホップ文化を築きあげていた。そして、キング・エドワード・Jがミックステープ文化を築いていく。しかし、南部黒人のメッカと言われるアトランタだったが、同じ南部のフロリダ州マイアミから出てきた2ライブ・クルーのマイアミ・ベースにも抜かされてしまう。そんな中突然出てきたのがアレステッド・ディベロップメントだった。彼らの南部の風土を濃く反映した独特のスタイル...しかし最初にヒットした曲が「テネシー」というタイトルという事もあり、アトランタ!を象徴するものではなかった。そして昔からショービジネスに居たジャーメイン・デュプリが登場。アトランタのモールで超有名だった少年2人を「クリス・クロス」としてデビューさせて、大ヒット。一気にアトランタという街をアピールしたが、ポップ的な人気でラップとして尊敬される事には程遠かった。その次に出たTLCも同じであった。しかしそれらのヒットが、LaFaceというレーベルをアトランタに根付かせる。TLCのリミックスで初登場したのが、アウトキャストという2人組みであった...

ラップのドキュメンタリーで泣くとは思わなかったけど、アウトキャスト大大大好きなので思わず涙が出ちゃいましたね。アウトキャスト、滅茶苦茶カッコいい!!唯一残念なのが、アウトキャスト自身が出てきて話していない事なんだけど、オーガナイズド・ノイズのリコ・ウェイド(DFの男前)とレイ・マリーの2人が事細かく「Player's Ball」の制作秘話などを語ってくれておりますよ。その「Player's Ball」の出現に、T.I.は「やっと俺達の曲が!」と思ったと話していた。ジャーメイン・デュプリが「Yo! MTV Raps」に出たかったら、自費でNYまで行って出なくちゃならなかったなんて言っていたけど、アウトキャストの頃にはファヴ・ファイブ・フレディがアトランタにやってきて、彼らの有名なダンジョンを訪れた。もう泣くね。そして、あの有名な「ソース・アワード」での出来事ね。ちょうど、ラップの東西抗争が激化していた時で、会場にはビギーとディディの「バッドボーイズ」連中の東、そしてスヌープをはじめとする西が居た。会場はニューヨークなので、スヌープや西連中がステージに上がると強烈なブーイング。バッドボーイズ連中も「バッドボーイズ!」を連呼して煽る。そんな異様な雰囲気の中、ニューアーティスト賞を受賞しちゃった南のアウトキャスト。拍手とブーイングが入り混じる変な空気。アンドレ3000はスピーチでマイクを握り「The SOUTH got something to say!(南部だって言いたことはあるんだ!)」と叫ぶ。名シーンでしたよね。T.I.だったかヤング・ジージーだったか、あれは俺達にとってダイアモンドだった!と語っていた。あの時から南部もラップで尊敬されるようになった。感(┳∧┳)動。

映画秘宝の10月号にて『Freaknik: The Musical / 日本未公開 (2010)』について書かせていただいたけれど、その「フリークニック」も映像で見れた。思っていた以上に凄い!全米各地の黒人大学の学生達が集結していた。黒人版『Piranha 3D / ピラニア3D (2010)』のマイナス・ピラニア状態になっていた。

他にもあの80年代に起きた事件、映画『Who Killed Atlanta's Children? / 日本未公開 (2000)』にもなったウェイン・ウィリアムスが、いかにアトランタのラップに影響したのか...というのも最高に面白く、60年代の公民権運動から遡ったアトランタのラップの歴史、最高でした!そういえば、昔、アウトキャストのビックボーイがツイッターでファンに「南部のキングは誰?」と聞かれ、「キング牧師に決まっんだろ!」って答えていたのもかっこよかったなーなんて思い出しました。最後はもちろんジャーメイン・デュプリリュダクリスなどが出演の「Welcome To Atlanta」でお別れしましょうね。Crank!

感想などはこちら

(4.75点/5点満点中:9/10/14:TV放映にて鑑賞)