SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Style Wars / スタイル・ウォーズ (1983) 1399本目

なんとなくタイミングを逃して書いておらず、なので見直して書いてみる企画。昔に日本版のビデオが発売された時に、サンプルビデオで見た(そういうのが貰える仕事していたので)。

というか、もう説明不要でしょ!という位、ヒップホップ映画のマスト作品。これと『Wild Style / ワイルド・スタイル (1983)』無しにはヒップホップは語れない!!という位に重要。『ワイルド・スタイル』は半ドラマ半ドキュメンタリーの面白い作品で、こちらの『スタイル・ウォーズ』はドキュメンタリー。共通しているのが、2作品共にヒップホップの中でもグラフィティに重きを置いている所。グラフィティはアートの形として描きやすかったんだろうね。

この映画でも色んな物を対決させている。当時のNY市長エド・コッチvsグラフィティアーティスト、ブラフィティアーティストvsボミングするグラフィティアーティスト、グラフィティアーティストvsNY市民、息子vsママ、ロック・ステディ・クルーvs別のダンスチーム...などなど。まあ何かと対決するというのがヒップホップでもある。だからラップでもいつも誰かが対決している。だからタイトルは「ウォーズ」。

グラフィティは自分の存在を表す機会となった。ラップは自分たちの意見を示す機会となった。ブレイクダンスは自分たちの極限を見せる機会となった。いずれにしても、ヒップホップは「自分たち」なのだ。若者はいつだって自分たちを表現しようと必死なのだ。

『スタイル・ウォーズ』も『ワイルド・スタイル』もどちらも当時のヒップホップの世界が瞬間冷凍されたような作品で、いつ見ても鮮度そのままに私の前に当時のヒップホップ界が瞬時に甦る。リアルタイムでその時を経験できなかった若者たちに、あの頃を体験させてくれる作品なのだ。だから今でも何度も見てしまう。あの当時を経験したくて。だからこそ、この2つの作品はマストとなったのだ。

感想やオフィシャルサイトはこちら

(5点満点:Unknown:ビデオにて鑑賞、8/9/15:DVDにて鑑賞)