SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Style Wars / スタイル・ウォーズ (1983)

Cast >> Demon, Se3, Spank, Dez, Skeme, Ces 157, Min 1 (NE), Iz the Wiz, Quik, Sach, Dondi, Seen, Case/Kase 2, Dust, Zephyr, Revolt, BTS crew, Wasp 1, Caos97, Noc, Kase, D-5, Trap, Butch, Zone, Kid 167, Cap, Shy 147, Lil' Seen, Aser1, Mare, Daze, Crash, Paze, Cey, Futura, Fred, Duro, Crazy Legs, Frosty Freeze ...
Director >> Henry Chalfant, Tony Silver
Producer >> Tony Silver, Henry Chalfant
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

"Let's make this party the real Cold Crush"
『ワイルド・スタイル』と共にヒップホップ草創期が描かれたドキュメンタリー。

1982年のニューヨークシティ。その眠らない街で暗闇にキーキーと音を立ててゆっくり走る電車。たまに街の光に当たると、その車体にはカラフルな色で書かれた「グラフィティ」が見える。1車体ごと、それぞれの思いが込められているようだ。しかしその楽しげな色の上に無造作に塗りつぶされたグラフィティもある。「ボミング」と言われるものだ。そして市長は語る。「コントロールを失った世界のシンボルであり、単なる落書き。公共の物に書くなんてたんなる落書きさ」と。グラフィティアーティストと呼ばれる人たちは、誰からもお金を支払われて書く訳じゃない。自分たちの意志で、自分たちの存在感を残すために電車に書いていく。市長などの人々、そしてボミングする人たちと戦いながら。

1970年代にラップやブレイクダンスにグラフィティが誕生し、彼等はヒップホップという名前の下で活躍し、世界を巻き込む現象を作り出してきた。そんな彼等の秘めた思いや戦いの瞬間を瑞々しくとらえたヒップホップを語る上で決して外せない最高傑作の1作。

(Unknown:ビデオにて鑑賞、8/9/15:DVDにて鑑賞)