SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Keep the Faith, Baby / パウエル 気高きカリスマの伝説 (2002) (TV) 1408本目

DVDの整理をしていたら、出てくる出てくる... あー!忘れていた!というDVDが。この作品、ずいぶん前に知人に頂いて、その時に見ているのに、なぜかホームページから抜けていた!という訳でいきます。

日本語タイトルの『パウエル 気高きカリスマの伝説』とは何なのか?という事ですよね。パウエルは、アダム・クレイトン・パウエル・ジュニアの事である。そしてそのアダム・クレイトン・パウエル・ジュニアが気高きカリスマなのであり、映画ではその伝説を追っていくのである。アダム・クレイトン・パウエル・ジュニアは、ニューヨーク出身(生まれはコネチカット州)の政治家。まだ公民権運動が始まる前から政治家として一線で頑張っていた人。ニューヨークを代表する下院だった。今では黒人の下院は珍しくないが、当時は珍しい。もちろんそれ故にバッシングも多かった。しかもパウエルは派手だった。たまに学校や会社でいるでしょ?何かしている訳じゃないんだけど、目立ってしまう人。パウエルは確実にそのタイプ。でも何もしていなかった訳じゃないけどね。ちゃんと政治家の仕事はしていた。でも女性関係は本当に派手!最初の奥さんは、Fredi Washington (フレディ・ワシントン)の姉だか妹のイザベル。そして2番目の妻は女優・ミュージシャンのHazel Scott (ヘイゼル・スコット)。3番目はプエルトリコ出身の一般人。この映画では2番目のヘイゼル・スコットとの関係がより深く取り上げられている。そのヘイゼル・スコットを演じたのが自身も女優・ミュージシャンのヴァネッサ・ウィリアムス(セデスの方)!!!そして、主役のアダム・クレイトン・パウエル・ジュニアには『Mo' Money / モー・マネー (1992)』で主役の恋敵トムを演じたハリー・レニックス!!!

この映画は、パウエルが政治スキャンダルに巻き込まれた時に単独でパウエルにインタビューした黒人記者ジョー・シラー(ラッセル・ホーンズビー)の目を通してパウエルが語られていく。その時、パウエルはアメリカ本土を離れ、バハマのビミニ島に居た。そこでは女性をはべらせ、派手な生活をしていると、もっぱらの噂であった。ビミニ島に着いたシラーは、噂とは違って質素な生活をしているパウエルを目の当たりにして驚き、そして困惑した。最初は話す気など無かったパウエルだが、徐々にシラーに心開いて話していく。

もちろん普段のパウエルの姿は、私には知る由もないが、パウエルという人は絶対にハリー・レニックスが演じた通りの人だった!と思えるほどの説得力がレニックスの演技にある。情熱的で頭もキレて雄弁で行動力があって度胸もある。そしてちょっと頑固な所もあるっていうのが説得力ありますね。テレビ映画なので、なんでレニックスがエミー賞にノミネートすらされていないのかが不思議な位です。『モー・マネー』のトムさんだよ?ルックス的にも彫りが深くてブロンズ色のパウエルを演じるのにピッタリ!ヴァネッサ・ウィリアムスも最高だけど、やっぱりこの映画はハリー・レニックスだよね。パウエルのカッコいい部分も堪能出来るのだ!

パウエルvs公民権運動家たちの描写も面白い!キング牧師の「私には夢がある」のスピーチを聞いたパウエルが「私にはプランがある」と言うセリフが最高!ワシントン大行進に呼ばれなかったパウエルがイライラして言う言葉。でもパウエルの方が現実的だったりしちゃうので、面白い!パウエルの性格が良く描写出来てますね。

パウエルは黒人の為に全精力を注ぎたいというのには偽りは無かった。というのを、この映画で感じました。Keep the Faith, baby!(信念を持ち続けろ)という原題は、パウエルの口癖でありました。

感想やあらすじなどはこちら

(4.5点/5点満点中:9/1/2015:DVDにて鑑賞)