SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Dope / 日本未公開 (2015)

Cast >> Shameik Moore (Malcolm), Tony Revolori (Jib), Kiersey Clemons (Diggy), Blake Anderson (Will), Zoe Kravitz (Nakia), A$AP Rocky, Forest Whitaker (Narrator), Keith Stanfield (Bug), Rick Fox (Councilman Blackmon), Kimberly Elise (Lisa Hayes), Chanel Iman (Lily), Roger Guenveur Smith (Austin Jacoby), De'aundre Bonds (Stacey) ...
Director >> Rick Famuyiwa
Writer >> Rick Famuyiwa
Producer >> Forest Whitaker, Nina Yang Bongiovi
Genre >> Comedy
Country >> USA
Release (US) >> 06 / 19 / 2015

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

"If I was white would you even have to ask me that question?"
マルコム(シャミーク・ムーア)は、イングルウッドに住むイケテないグループに属する90年代ヒップホップオタクな高校生。勉強は出来るのでハーバードを目指しているが、校長にはイングルウッドから無理!と言われてしまう。仲間のディギー(キアシー・クレモンズ)はレズビアンで男勝り、ジブ(トニー・レヴォロリ)は祖先が分かるサイトによれば14%黒人でインド系。3人はパンクバンド「オレオ」もやっているが、いつもチャリ。学校ではイケテるグループのバグ(キース・スタンフィールド)にスニーカーをいつも取られそうになる。マルコムは近所に住む年上のナキア(ゾーイ・クラビッツ)に憧れているが話す事すら出来ない。そんな時、近所で麻薬売りをしているドム(A$SPロッキー)に話掛けられ、代わりにナキアに話しかけてこいと言われ、ドキドキしながら話に行った。ドムの誕生日パーティがクラブであるので来てほしいと伝えると、ナキアはマルコムが行くならと答えた。そのパーティでマルコムの人生が変わってしまう...かもしれない...

監督のリック・ファムュイワによるLAゲトーの甘酸っぱい青春映画第2弾。最初の『ソウルメイト』は、ノスタルジックな青春映画だったが、今回はノスタルジックさもあるが、何よりもドープ。今風であり、90年代のヒップホップの良い所どりでもある。90年代のヒップホップが好きなら絶対にこの映画を好きになる。それだけヒップホップがテンコ盛りなのだ。PEのファイト・ザ・パワーは89年だし、ジェイーZのブループリントは2000年、90年代じゃねーよ!っていう台詞もこれまた最高である。しかもA$APロッキーがそれを言っている。ゾーイ・クラビッツはチャーミングだけど、こういう映画でヒロインか?と思ったけれど、物凄いキュートでカッコいいヒロインだった!今までで一番可愛い。そしてモデルのシャネル・イマンが超脱ぎっぷりは良いわ、ハチャメチャだわ、とにかく最高だった!あそこまでやる必要なんてない人なのに!そしてこの監督らしく主人公が3人ともそれぞれがキュートで魅力的。映画館出る頃には、確実に3人を好きになっている。

苦しい事も辛い事もやるせない事も沢山あるけど、自分の人生だから自分で変える。超ギーグでジーンズは超ダサいし、たまに嫌な発言もしちゃうけど、でも超キュートで超ヒップホップで超ドープ(イケテいる)!

(6/19/15:劇場にて鑑賞)