SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Big Words / 日本未公開 (2013) 1344本目

I'm takin ya back come follow me on a journey to see a for real MC...
ブラック・ムーンの「How Many MC's」の冒頭。いきなりブラック・ムーンから始まるんですよ!!

そんなブラック・ムーンの名曲「How Many MC's」を朝からガールフレンドに小言を言われながらもスクラッチするのがテリー(ダリエン・シルズ=エヴァンス)。しかし流れてきたラジオから自分のビートが聞こえてきた。盗作だ!と悔しがるテリー。2008年11月4日のニューヨーク。町は大統領選で活気に満ち溢れていた。そんな日にコンピューター修理のジョン(ドリアン・ミシック)は首になってしまう。仕事着のまま、ストリップクラブでビールで腐るジョン。そして出版会社に務めるジェームス(ベンガ・アキナベ)は、若いアシスタントのベン(ザッカリー・ブース)から本を書きたいと聞かされる。90年代にベンの父はヒップホップ系のレコードレーベルを設立していたので、父と90年代のヒップホップ黄金時代を書きたいと相談され、一枚のフライヤーを渡される。ジェームスは驚く。そこには自分の姿があった。そうジェームスは昔ベンの父のレコードレーベルの所属していた「DLP(Down Low Poets)」のメンバーの一人であった。あれから時を経て、DLPのメンバーはそれぞれ別の道を歩んでいた。しかし、大統領選で時代が変わろうとしているその日に、またDLPの3人の運命が交差していく...

この映画のDLPとは、ジョンのビック・ワーズ(MC)とジェームスのジェイビー・ザ・マック(MC)とテリーのDJマリク(DJ)の3人からなるトリオ。デ・ラ・ソウルと同じフォーメーションだね。90年代に活動していた頃は、Das EFXやHome Baseとツアーしたり、Fu-Schnickensと喧嘩になって、レッドマンの車パスファインダーに隠れたりwwwした、人気のあったグループ。けれど今は3人共に会ってもいない。しかもジョンとジェームスは従兄弟同士なのに。まあその辺の事を映画では徐々に明らかにしていくんですね。そこまで上り詰めても成功させるのは中々難しい。才能があっても。その状況をこの映画では実に甘酸っぱく描いております。父のことを書きたいと思っていたベンの心境もね、事実を知った時にはかなり切なくなるね。父のことを尊敬していただろうし。DJマリクだけがヒップホップを続けているのもなんだか切ないんだよねー。マリクはアレしか出来ないだろう不器用さも愛おしい。それを理解しているあの彼女が滅茶苦茶男前だ!

でもね、成功できなかった事を湿っぽくは描いていない。そこが非常ーに気に入った。テリーが彼女にスーツの話しされるんだけど、「俺はヒップホップを作ってるんだぜ!スーツなんかいるかよ!」って怒ったりする。台詞もね、実にヒップホップ。グールーの名言を取り入れたり、ジョンが熱くデ・ラ・ソウルの「Potholes In My Lawn」を語ったり。で、ジョンが途中で若いシンガー志望の女性アニー(ヤヤ・ダコスタ)と出会って、DLPについて仕方なく話すんだけど、DLPが活躍していた90年代はそうでもなかったんだけど、今ではダウン・ロウというと同性愛者を隠しているという意味合いが非常に強く、アニーに3人はそういう関係だったの?と聞かれてしまう。しかも3人のうちの一人が本当に同性愛者だからややっこしいwww。

そしてもちろん音楽ね。ミスター・レン(Mr. Len)が担当しているんですよ。スクラッチとかも彼のもの。

さらにはオバマ大統領が誕生した2008/11/4を舞台にしているのが面白いね。人々の浮かれ具合が分かる。また一つのドラマ。

感想ではヒップホップ好きなら死ぬまでに見るべきと煽って書いたけど、決して大げさじゃないからね。もしこの映画分かんね、とかそこまで面白いか?と思ったとしたら、それは君のヒップホップIQの問題!

今日の写真ははしゃぐDLPと監督@サンダンス映画祭にて。

という訳で日にちが前後してしまったのは、映画秘宝さんで最初に書いたからです。映画秘宝5月号は絶賛発売中なりよ!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(5点満点:2/24/15:ストリーミングにて鑑賞)