SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Wild Style / ワイルド・スタイル (1983)

Cast >> 'Lee' George Quinones (Raymond 'Zoro'), Sandra Fabara (Rose), Fab 5 Freddy (Fab Five Freddy), Patti Astor (Virginia), Grandmaster Flash, Easy A.D, A.J., Almighty K.G, Busy Bee, Grandmaster Caz, Lil' Rodney Cee, Charlie Chase, Ruby Dee, Dot-a-Rock, Grand Mixer DXT ...
Director >> Charlie Ahearn
Writer >> Charlie Ahearn
Producer >> Charlie Ahearn
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Good Times!!
レイモンド(リー・キノネス)は、夜中にこっそりと抜け出し電車庫に忍び込んで、スプレーで描く「グラフティ」で怪傑ゾロの絵を描いていた。その絵は街での評判も良く、人々はその絵描きを「ゾロ」と読んでいた。しかし軍の訓練から帰ってきた兄に「そんなもの」と怒られ、しかも思いを寄せる別のグラフィティのローズ(レディ・ピンク)にも正体をバラす訳にもいかず、中々思いが通じなかった。そしてクラブのディクシーで、ファブ・5・フレディ(ファブ・5・フレディ)と会い、リポーターのバージニアという女性が、彼等をインタビューしたいと、ブロンクスまでやってくるが...

誰がなんと言おうと、創世記のヒップホップを鮮明に捉えた金字塔作品である事は間違いない。新しいアートの形を生み出した彼等の苦悩をも伺える。電車に書かれた「グラフィティ」は違法であり、どんなに素晴らしくてもそれがお金になり、食べていく事は出来ない。若い彼等は金持ちのパトロンに搾取されそうにもなる事が描かれているのもいい。そしてそれはブレイクダンスやDJやラッパー達も同じで、まだそれでご飯を食べていくのには大変だった。しかし、この新しいアートの形は、多くの若者達の心を鷲掴みにしたのも容易に理解出来る。グランドマスター・フラッシュの後ろを向いてDJするのは、当時の若者にとっては最高にカッコ良くて、絶対に真似したくなるのだ。

荒削りな所も、全てワイルド・スタイル!彼等のそんな所がまた生々しく、ヒップホップが楽しかった時代のノスタルジックな思いを呼び起こしてくれる。と、同時に、ノスタルジックだけでなく、この新しいアートを形成した若者達の姿に、いつ観ても何かまた新しい物が生まれる予感を感じさせてくれるのだ。

(Unknown, 10/21/12:DVDにて鑑賞)