SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Miss Juneteenth / 日本未公開 (2020) 1761本目

6月19日を祝う意味と祝った後は...『Miss Juneteenth』

タイトルになっている「Juneteenth(ジューンティーンス)」分かりますか? 6/19なのです。今年辺りは結構大々的に祝われました。1865年6月19日、テキサス州ガルヴェストンという港町に、南北戦争時に北軍で少将であったゴードン・グレンジャーがやってきて、「奴隷が解放された」という命令を読み上げたことで、「奴隷解放の日」として、ジューンティンスは祝う訳です。実際にリンカーン大統領の「奴隷解放宣言」は1862年で、1863年1月1日に発布。しかし南部連合軍の司令官リーが降伏しておらず、1865年4月にようやく降伏し、6/19にグレンジャーが読み上げたことで、ようやく奴隷解放となった。奴隷にとって、とても喜ばしい日であり、Jubilee Day(歓喜の日)とも言われている。そのジューンティンスのミスコンを舞台にしたインディペンデント映画。舞台は、同じテキサス州フォートワース近郊。『Shame / SHAME -シェイム- (2012)』のニコール・ベハリー主演。

ターコイズ(ニコール・ベハリー)は、現在地元のバーで働きながら、高校生の娘カイ(アレクシス・チカエゼ)を育てている。ターコイズは、昔「ミス・ジューンティンス」にて優勝し、大学が通える奨学金を手にしたが、カイを妊娠したことで大学を諦めた。しかし、カイにはチャンスをあげたいと、カイをミス・ジューンティンスの大会に挑戦させようと、ターコイズは躍起になっていた。カイの父であるロニー(ケンドリック・サンプソン)はいつまで経ってもうだつが上がらない男だったが、縁を切る勇気がなかった。カイを無理矢理ミス・ジューンティンスの大会に出場させたが...

ターコイズ中々なハードライフ。美人はイージーモードだなんていう人もいるけれど、私は美人こそ大変じゃないかと常々思っていた。美人ゆえに変な男が寄ってくる確立も高い気がする。この映画での変な男... ロニーがこれまたハンサムなのです。どの位ハンサムかというと、私が血迷ってこんなページを書いたくらい。これは簡単に騙されますよ!途中、こっちの男の方が幸せになれるんだろうなーっていう人も出てくるんですが、こう何かときめかないんですよね。ターコイズの気持ちもよーーく分かる。でも、この映画のメインは母と娘。貧乏だけど、2人の絆は深い。誕生日のシーンとか最高です。ニコール・ベハリーも母親役を演じるようになったんだなーと、実感。そして、ターコイズ自身が、自分の母とも色々あって...と、とても深みのあるドラマです。そして、オパール・リーさんがカメオ出演しております。この方です。ジューンティーンスを祝日にするように国に求めている93歳の女性。

誕生日でもお祝いでも、楽しく祝った後に1人になるのは何だか寂しくちょっと切ない。目指してみたものになってはみたけれど、大変さを知ったり、続けていく厳しさも知ったりする。ターコイズもそうだった。でも彼女はとても頑張った。上手くいかないことばかりだけど、それだけでもない。祝ったその先で、踏ん張った。その時、ターコイズは「ミス・ジューンティーンス」の名に相応しい本当に良い顔をしていたのだった。

(4.25点:1761本目)
www.blackmovie-jp.com