SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Hamilton / ハミルトン (2020) 1770本目

ただ観て感じるだけじゃない、何より楽しい『ハミルトン』

こんなに話題になった舞台は聞いたことがないというくらいに、話題になった舞台を撮影し映像化した作品。当初は、劇場公開が予定されていたが、新型コロナウイルスのせいで残念ながらディズニー+にて、配信となった。アメリカ建国の父アレクサンダー・ハミルトンの生涯を通じて、アメリカ建国時代を描いたミュージカル。リン=マニュエル・ミランダが製作。

1776年、アレクサンダー・ハミルトン(リン=マニュエル・ミランダ)がニューヨークに移住。ハミルトンは、アーロン・バー(レスリー・オドム・ジュニア)と出会い、そしてジョン・ローレンス(アンソニー・ラモス)、ラファエット(ダヴィード・ディグス)、ハーキュリーズ・マリガン(オキエリエテ・オナオドワン)と知り合い、革命について語り合うようになる。ジョージ3世(ジョナサン・グロフ)が権力を維持していたが、ハミルトンがジョージ・ワシントンの副官として昇進する。ハミルトンは、スカイラー姉妹の次女イライザ(フィリッパ・スー)と結婚するが、イライザの姉アンジェリカ(レネー・エリース・ゴールズベリー)がハミルトンに密かな恋心を抱いていたが、ロンドンに旅立つ...

こんなに楽しく歴史を学べるなんて! というミュージカルです。年号を覚えるだけの歴史はつまらないけれど、これなら歴史が好きになれる。建国時代のアメリカって詳しくないけれど、なんだか詳しくなれた。ディベートをラップバドルとして描いている。そのラップバドルの使い方が秀絶。そしてキャラクターの肉付けが素晴らしい。出てくる度に面白かったのがジョージ3世。憎たらしいんだけど憎めない感じは、『サタデー・ナイト・ライブ』でジョージ・W・ブッシュをやっていたウィル・フェレルを彷彿させている。同じ「ジョージ」だし。あと、何と言っても「歌」も主役。レスリー・オドム・ジュニアは前々から歌わせると泣かせるなーと思っていたけれど、今回も最高。ダヴィード・ディグスも飄々としていて良い。特に、トーマス・ジェファーソンの時のキャラが際立っている。

と、このミュージカルを通じて、歴史上の人物に触れた気がして好きになり、そして大事なこと、学べるということだ。歴史は、確実に現在に何かを伝えてくれている。

(5点/1770本目)
www.blackmovie-jp.com