SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Free Meek / フリー・ミーク (2019) 1709本目

俺はバークス通りの奴らと一緒『フリー・ミーク』

ミーク・ミル... と書いてみて、フィラデルフィア、ニッキー・ミナージュ、ドレイクとの確執、法トラブル... が私の頭に瞬時にパッと浮かぶ。本作では、それら全てが詰まっているが、おもに法トラブルを主軸にして、ラッパーであるミーク・ミルの全貌が明らかになっていく。ジェイ・Zのロックネイションが制作、アマゾンプライムにて配信されている、ドキュメンタリーシリーズ。

私の中では、若いと思っていたミーク・ミルも32歳である。若い人たちが早くから活躍できるラップの世界では、割りと中堅に位置する年ごろだ。でも、私には最近の印象しかない。割と下積みが長かったんだと思わされた。このドキュメンタリーでは、デビュー前の映像も豊富だ。私世代のラッパーたちでデビュー前のバトルラップの映像を見た事あるのは、ビギー(ノートリアスBIG)位。なぜなら私たちの10代の頃には、携帯やスマホどころかハンディカメラも普及していなかったからだ。素人が簡単に映像など中々撮れなかった。そう考えると、やはりミーク・ミルは若い世代のラッパーなんだなーと思ったりした。そしてまだひょろっこいミーク・ミールが緊張しながらバトルラップしているのが、何か可愛らしくて、そこから感情移入させられてしまう。序盤はミークの生い立ちが語られており、ミークは決して責任を押し付けたり、告発している訳では決してないのだけど、親の無責任さを少し感じてしまう。それを感じるのは守られて育った私だけで、アメリカ人なら多分そこは感じないだろう。そしてミークが19歳の時に起きた、麻薬密売と武器保持で逮捕された時のことが語られていく。「フリー・ミーク(ミークを釈放せよ)」というタイトルからも分かるように、この部分がこのドキュメンタリーで大きく占める。ミークだけでなく、逮捕され起訴されることは、誰にとってもその人の人生を左右してしまう出来事なので、当たり前と言えば当たり前である。ミークが他の人と違うのは、類まれな才能で富と人気を手に入れた事だろう。この部分がこのドキュメンタリーの肝である。ミークの主張は曲にのせマイクを握れば多くの人に聞いてもらえる。でもそうじゃない人が多数、アメリカ社会には存在している。

このドキュメンタリーで良く分かるのが、ミークが地元フィラデルフィアを愛し、そしてフィラデルフィアもミークを愛しているということ。ミックステープを売っていた時代から、それは変わらないような気がする。NFLフィラデルフィア・イーグルスNFLとなってからスーパーボウルで初チャンピオンとなった時、ミークは刑務所の中だった。観客が「フリー・ミーク」を叫び、そしてミークの曲「Dreams and Nightmares」をチームの応援歌としてファンだけでなく選手も歌った。そして地元のNBAチームであるフィラデルフィア・セブンティシクサーズが2018-19シーズンでプレイオフに進むと、ミークはようやく刑務所から出られる事になり、そのまま試合に向かい、名物である鐘を鳴らす儀式で地元ファンを歓喜させた。どこまで地元に愛されているのだろう... しかし地元の検事には好かれていなかったようで、完全に私情を挟んだ感じで、ずぶずぶと法トラブルの悪循環が進んでいく。そして、ニッキー・ミナージュの事も語られているが、割りとあっさりと語られている。

ジェイ・Zのロックネイションが制作なので、ジェイ・Zもインタビューに答えている。そのジェイ・Zは、最近NFLと組むことが発表され、色々と批判を浴びている。NFLは、選手であるコリン・キャパニックがアメリカの現状に抗議の意味で国歌斉唱の際に跪いたことで、NFLからつま弾きにされている。そんなNFLと組むなんて...と、ファンやキャパニックと同じ抗議しているエリック・リードから批判されているのだが、私にはジェイ・ZがNFLと「仲良く」組むのではなく、自分がその組織に入ることで内部から改革していくのでは?と期待している。このドキュメンタリーや、その他のジェイ・Zの映画作品への取り組みを感じると、そう感じてしまうのだ。

とはいえ、シリーズではなく、もっとコンパクトに映画にしてまとめれば良かったかな?とは思う。無理に伸ばしてシリーズにした感はある。そしてやっぱり歯痛のためとはいえ、薬の中毒になるのは、同情は出来ない。他にも彼の責任がゼロだったとは思えない部分もある。

ミークがこのドキュメンタリーで伝えたいこと… ミークは有名人となって自分の運命を遠回りしているが変えられる事は出来た。それが出来ない人たちの声を伝える為に、彼はマイクを握り続けるだろう。

(3.5点:1709本目)
www.blackmovie-jp.com