SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Q Ball / 日本未公開 (2019) (TV) 1708本目

誰も辿り着きたくない場所でバスケをする男たち『Q Ball』

サン・クエンティン州立刑務所。『Redemption: The Stan Tookie Williams Story / クリップス (2004)』のLAのギャング、クリップス創設者の一人スタンリー・”トゥッキー”・ウィリアムスや『Black August / ブラック・オーガスト/獄中からの手紙 (2007)』のブラック・マフィア・ゲリラのジョージ・ジャクソンやチャールズ・マンソンの最後の地となった場所だ。俳優ダニー・トレホもそこで過ごした過去もある。古い歴史もあり、そして完全警備を誇る刑務所で、死刑や終身刑などの重い刑を言い渡された者たちが集う悪名高い刑務所である。私がアメリカ人男性で、もし間違って罪を犯し、サン・クエンティン刑務所に送られたら「私終わったー」と速攻思うであろう。西のサン・クエンティン、東のライカーズね。これ常識。ライカーズは、『When They See Us / ボクらを見る目 (2019)』のコリー・ワイズが入っていた刑務所。でも、サン・クエンティンは終身刑や死刑囚が多い割りには、更生プログラムがしっかりしている。そのお陰でダニー・トレホは人生やり直している。説明が長くなりましたが、サン・クエンティン刑務所の更生プログラムの一つ、バスケットボールを追ったドキュメンタリー映画。Foxスポーツチャンネルにて放送。NBA選手ケヴィン・デュラントが制作総指揮の1人。

サンフランシスコの海沿いにあるサン・クエンティン刑務所。刑務所の副官であるサム・ロビンソンは、小さい頃から色々と噂を聞かされていたので「絶対に来たくない場所」だと語る刑務所だ。しかし更生プログラムは充実しており、その中でもバスケットボールは成果を出していた。同地のNBAチームであるゴールデン・ステイト・ウォーリアーズ(以下GSW)が協力しており、サン・クエンティン刑務所のチームは「サン・クエンティン・ウォーリアーズ」として、GSWと同じジャージを着ているのだ。そんなチームを追う。

その「サン・クエンティン・ウォーリアーズ」のスタメンである5人+コーチを主に追っていて、彼らの犯した罪からチームでのそれぞれの活躍ぶりを追っていく。コーチが一番エグイ犯罪を犯していた。一番温厚そうな雰囲気なのに。でもあのサン・クエンティンなのだから、『Oz / OZ/オズ (1997-2003)」みたいなおどろおどろしい雰囲気なんでしょ!と思ったけれど、割りとみんな和気あいあいとしている。バスケをすることで、そういう穏やかな感じになるのか(とは本人たちも言っていたけど)、わざと和気あいあいとした感じを見せたのかは分からない。でも、彼らが試合をする時には遠征する訳にはいかないので、普通の一般のチームが塀の中まで遠征してやってくる。唯一、刑務所ぽいなーと思ったのが、観客の野次。観客は全員囚人。野次が怖い。そして、GSWもやってくる!と言っても、試合に来るのはGリーグよりも下のGリーグの控え選手たち。でもアシスタントコーチの人たちは本物なので、サン・クエンティンのメンバーたちは張り切る。その中でも、元々バスケットで大学の奨学金まで貰っていたハリー・”ATL”・スミスは、気合の入れ方が違う。彼はもうすぐ出所するので、その後はGリーグで...ゆくゆくはNBAで活躍したいと思っているのだ。と、ここで急にドラマチックになってきますよね。正直、私も心躍ってしまいました。ネタバレはしませんが、まあそうですよね。前々から書いているように、NBAで活躍出来る人なんて、ホンの一握りの選ばれし者たちだけ。冒頭でバスケをやっている最中に喧嘩かと思ったら、最後まで見るとそうではなかったというのがあって、それは演出的に行き過ぎだ。

スタメン5人のうちのテルヴィン・フォーネットも気になりました。彼は犯した罪が映画の中では語られていない。そして最後にギターが上手い他の囚人とコラボしてラップをやっている。上手かった。そしてそのギターの人が歌も物凄い上手かった!Waleみたいな感じ。そういえば、「Lifers Group」のメンバーってどうなったんだろう?囚人で構成したラップグループ。ふと思い出した。

この映画でハッとさせられたのが2か所ある。一つは、刑務所内の教会で説教師をしているハリー・”ATL”・スミスに「俺の十字架は重い」と食い下がる別の囚人とのシーンと、そのスミスが出所する前に別の囚人に「ここの事は忘れるんだ」と言われるシーン。残念ながらバスケットのシーンではなかった。忘れろ言われたスミスともう1人の会話がズシンと残る。私も彼らは忘れるべきではないと思う。別の囚人が食い掛かったように彼らの十字架は重い。その重い十字架を背負いながらも彼らが更生して、これからの人生をまともに生きてくれることを願う。

(4.25点:1708本目)
www.blackmovie-jp.com