SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Charm City Kings / 日本未公開 (2020) 1773本目

ミーク・ミルを見よ!『Charm City Kings』

今から書くことは、人によっては驚くかもしれないけれど、私の本心であり事実。この映画の舞台は、メリーランド州ボルチモアボルチモアでは、オフロードバイク文化がある。というのは、以前に製作されたドキュメンタリー『12 O'Clock Boys / 日本未公開 (2013)』で明らかになっており、このドキュメンタリーが原案となって、『Moonlight / ムーンライト (2016)』のバリー・ジェンキンスがストーリー考案の1人。そして、ボルチモア出身の女優ジェイダ・ピンケット=スミスと弟ケレーブがプロデューサーに名を連ね、ジェイダの夫ウィル・スミスの製作会社オーバーブルックが製作会社の1つ。ラッパーのミーク・ミルも出演している。サンダンス映画祭で公開し、ドラマ部門の特別審査員賞としてアンサンブル演技を受賞している。劇場公開が予定されていたが、新型コロナウイルスの影響でHBO Maxにて配信となった。

ボルチモアに住むマウス(ジャヒ・ディアロ・ウィンストン)は、14歳。シングルマザーの母(テヨナ・パリス)と妹の3人が家族で、マウスは動物病院でバイトをしていた。彼らが住む街で人気を誇るオフロードバイクに興味にあったが、兄がそのバイクで亡くなっているので、母は絶対に許さなかった。マウスは貯めたお金で小さなバイクを買うが、すぐに警察に差し押さえられ、リバース刑事(ウィル・キャットレット)に送っていってもらいながら、「しっかりしろ」と叱咤激励される。そんな時、かつて「The Clique」というオフバイクのチームにいた伝説的な人物でマウスの兄を知るブラックス(ミーク・ミル)と出会い、「自分で直せるならバイクをやる」と言われ、バイクを直すことに夢中になるが、同時にトラブルにも巻き込まれていく...

最初に書いた驚かれるかもというのは、ミーク・ミルの演技で泣いたということ。ビックリですよね、そんなことある訳が絶対にない位に思えるのがミーク・ミルだ。でも、この映画でのミーク・ミルの溢れる兄貴感が、この映画を救っているし、この映画の唯一の良心。元となった『12 O'Clock Boys』にも短絡的だなと思うところはあったけれど、こちらも悪い感じで短絡的である。そんな風に描かなくてもいいのにな、と思ってしまうのだ。犯罪と隣合わせで危険を冒してまで疾走する彼ら。正直、「走れなくて、可哀想」とは思えなかったのが全て。

(3.5点/1773本目)
www.blackmovie-jp.com