SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Being Elmo: A Puppeteer's Journey / 日本未公開 (2011)

Cast >> Kevin Clash, Whoopi Goldberg, Rosie O'Donnell, Frank Oz ...
Director >> Constance Marks
Producer >> Corinne LaPook, Constance Marks, James J. Miller
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 4

Making Elmo, Being Kevin Clash
セサミストリートの人気パペットのエルモを担当しているケビン・クラッシュがエルモを担当するまでを追うドキュメンタリー。

ティーンとなって色気づいてきた姉妹にケビン・クラッシュはこう言われる。「なんでみんなみたいにフットボールとかバスケットとかやろうとしないの?」。そう言われ、自分で作ったパペットを雪積もった外に捨てられてしまう。しかしケビンは、仕返しに姉妹の化粧道具を投げ捨てる。血の繋がった姉妹からそう言われてもケビンはめげない。地元の障害者の通う学校や病院に慰問に行ったりする。その結果、高校の卒業文集では「きっと億万長者になる人」と誰もが彼のその才能を認めたのである。小さい頃からディズニーの世界や人形劇に憧れたケビン。
”Real recognize real”ジェイZもそうラップしたように、ケビンもカーミット・ラブやその後にはジム・ヘンソンにまで認められるようになる。しかしカーミット・ラブのドキュメンタリーを見たケビンが感化されるのを見た母親が、ラブに直接電話を掛けてしまうという、行動力のある母親の愛情も忘れがたい。

何にしても一つの事に情熱的になれるのは素晴らしい。このドキュメンタリーが制作される前まで、あの愛情たっぷりなエルモがまさか黒人によって操られているとは思いもしなかった。今は残念ながらそのエルモを演じる事は無くなってしまったが、彼が作り上げたエルモというキャラクターはケビンが作った形で永遠に残っていくだろう。

(1/16/13:DVDにて鑑賞)