SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Sextuplets / セクスタプレッツ ~オレって六つ子だったの?~ (2019) 1710本目

マーロン・ウェイアンズの良い子、悪い子、普通の子『セクスタプレッツ』

Scary Movie / 最終絶叫計画 (2000)』などで知られる芸能一家ウェイアンズ家第一世代の末っ子マーロン・ウェイアンズ主演・制作・脚本のコメディ作品。Netflixにて制作・配信で、『Naked / ネイキッド (2017)』に続き2作目。今回は、マーロンが1人7役!という挑戦に挑む。

アラン(マーロン・ウェイアンズ)は妻マリー(ブレシャ・ウェブ)の出産が近づき、生き別れとなった自分の母を探していた。マリーの父(グリン・ターマン)は連邦判事で、彼の力添えで母の居場所を突き止めた。その住所に行ってみると、太ったラッセル(マーロン・ウェイアンズ)が居た。どうやらアランとラッセルは同じ日に生まれた兄弟である。そして、アランとラッセルにはもう4人、同じ誕生日を共有する兄弟が居た。そう、彼らは6つ子だったのだ!アランとラッセルは他の4人を探しに出かけるが...

手っ取り早く言ってしまえば、マーロン・ウェイアンズ版『The Nutty Professor / ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合 (1996)』とか『Norbit / マッド・ファット・ワイフ (2007)』ですね。特殊メイクで何役も演じる系のコメディです。芸能一家ウェイアンズ家の中でも演技派として知られているマーロンなので、彼らの中からこの手の映画をやるとしたら、やっぱりマーロンがやるに相応しいと思う。最近では、この手の映画では、マディアおばさんシリーズ『Madea Goes to Jail / 日本未公開 (2009)』などのタイラー・ペリーも人気。だけど、あのエディ・マーフィだって『マッド・ファット・ワイフ』を滅茶苦茶外した。タイラー・ペリーもごくごく一部で絶大な人気であって、しかもマディア引退してしまった。最近では、特殊メイクわざと太らせて容姿を卑下することや、男性が女性を演じたりすることに不快を感じる人が多い。正直、この映画でマーロンが演じた女性キャラは好きじゃない。でも、男性キャラの方は、ステレオタイプを逆に皮肉る『White Chicks / 最凶女装計画 (2004)』に似ていて上手かった。

そして、『The Jeffersons / 日本未放送 (1975-1985)』や『ロックフォードの事件メモ』などのテレビシリーズからのネタが多く、日本で生まれ育った私たちには伝わりにくい部分も多い。

さすが10人兄弟の末っ子として育ったマーロンらしい、兄弟それぞれに魅力があることを感じることができる作品。

(3.5点:1710本目)
www.blackmovie-jp.com