SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

冬のブラックムービー

これからホリデーシーズン&年明けのブラックムービーを。
12月に入ってからは大作が多い。大作といえば、ブロックバスター俳優であるウィル・スミスのドラマ作品「Seven Pounds / 7つの贈り物 (2008)」。「The Pursuit of Happyness / 幸せのちから (2006)」でウィル・スミスと組んでスミスがオスカーにノミネートされるという相性の良かったガブリエレ・ムッチーノが監督。相手役には「メン・イン・ブラック2」でスミスと組んでいるロザリオ・ドーソンと「Miracle at St. Anna / セントアンナの奇跡 (2008)」のマイケル・イーリー。期待大。

そしてもう一本がシカゴのチェス・レコードを舞台にした「Cadillac Records / キャデラック・レコード (2008)」。現代の歌姫ビヨンセが、ソウル創設時代の立役者エタ・ジェイムスを演じている。ビヨンセはいちようこのエタの迫力を出すために、15ポンド(7−8キロ位?)の増量にも試みたらしい。さすがにビヨンセが7−8キロ太った所で、エタのような迫力は予告等の映像からは感じないが、前評判はいい。チェスの創設者を演じたのがオスカーにも輝いているエイドリアン・ブロディ。チェス・レコードを支えたもう1人のミュージシャンのマディ・ウォーターズは、「Boycott / ボイコット/キング牧師の闘い (2001)」のジェフリー・ライトが演じている。ロック創設者の1人チャック・ベリーにはモス・デフ、ブルースの最大で最愛の友人ウィリー・ディクソンにはセドリック・ジ・エンタテイナー、ブルースのリトル・ウォーカーには「Stomp the Yard / ストンプ・ザ・ヤード (2007)」のコロンバス・ショート。ガブリエル・ユニオンが、マディの妻役。監督は「Their Eyes Were Watching God / 彼らの目は神を見ていた (2005)」のダーネル・マーティン。

年明けに入るとドラマ&コメディ作品が増える。
2009年第1弾が、モリス・チェスナットとタラジ・P・ヘンソンが主役の「Not Easily Broken / 日本未公開 (2009)」。TDジェイクスというアメリカでは有名な牧師が書いた本が原作。彼の本は以前にも「Woman Thou Art Loosed / 日本未公開 (2004)という作品が映画化になっている。監督は「A Rage in Harlem / レイジ・イン・ハーレム (1991)」のビル・デューク。大人のドラマとして期待できる。

そしてノートリアスBIGの自伝映画「Notorious / ノトーリアスB.I.G. (2009)」が1月16日に登場予定。一時期は、俳優のアンソニー・アンダーソンやラッパーのブラックゲリラに決まりかけていた主役のノートリアスBIGの役だが、結局全国化でオーディションをしてビギーと同じブルックリン出身の無名のラッパーのジャマール・ウーラードに決定した。ビギーのお母さん役に本格派ベテランのアンジェラ・バセットが扮する。一時はテレビ映画になるのでは?という噂もあったが無事劇場で公開予定。監督は「Soul Food / ソウル・フード (1997)」のジョージ・ティルマン・ジュニア。

2月はウェイアンズ 兄弟 家族の「Dance Flick / 最強絶叫ダンス計画 (2009)」。実は以前からこのプロジェクトは知っていたが、中々ホームページに更新出来ずにいた。タイトルが全然決まらなかったのである。今週に入って、ようやくタイトルが決定。主演はウェイアンズ兄弟のショーン&マーロン・ウェイアンズに加えて、姉(ショーンとマーロンから見て)のキム・ウェイアンズ、デーモンの息子デーモン・ウェイアンズ・ジュニア、兄弟の甥にあたる「Passing Glory / 栄光へのダンクシュート (1999)」ダミアン・ウェイアンズ、そして今回はキーネン・アイボリー・ウェイアンズも出演する。監督は、出演もする甥っ子ダミアン・ウェイアンズ。脚本はショーン・マーロン・キーネン・ダミアンに加えて、甥っこになるクレイグも参加。プロデュースも同じ。正しく、ウェイアンズ家族映画。今回は、ダンス映画をおちょくる様子。「Hairspray / ヘアスプレー (2007)」や「Save the Last Dance」、「Step Up」辺りを予習しておいた方が良さそうだ。「ヘアスプレー」以外は苦手な映画なので、それらの映画がウェイアンズにおちょくられるのは楽しみ。

精力的なタイラー・ペリーも早くも2月に新作。ようやくマディアが完全復活する「Madea Goes to Jail / 日本未公開 (2009)」が待っている。どうやら「Miracle at St. Anna / セントアンナの奇跡 (2008)」のデレク・ルークが主役級の様子。また「Madea's Family Reunion / 日本未公開 (2006)」にも出ていたキキ・パーマーが同じ役で出演するようなので、それも楽しみ。「コスビー・ショー」の末娘ルディ役で有名な子役だったキーシャ・ナイト・プルマンが出演している。彼女はチンギーの「One Call Away」でチンギーの相手役としても有名。

ビヨンセは2月に「Obsessed / オブセッション 歪んだ愛の果て (2009)」というスリラー映画もある。イドリス・エルバとの共演。

以上12月から2月までに全米にて公開予定の映画。楽しみな映画が多い。私だけかな?