SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

What's My Name: Muhammad Ali / 日本未公開 (2019) 1702本目

面白いに決まっているモハメド・アリ映画『What's My Name: Muhammad Ali

モハメド・アリ映画に外れなし」。これは、長年映画を見てきた私の定説だ。特にドキュメンタリーは外れがない。とはいえ、映画を沢山見て来なくても、モハメド・アリという人物を知っていれば、モハメド・アリを追うだけで面白くなることは容易に分かる。モハメド・アリが歩んだ人生が数奇でドラマチックで面白いし、モハメド・アリ自身も魅力に溢れた好きになる要素しかない面白い人だ。だから面白くないわけがない!今回は、『Training Day / トレーニング デイ (2001)』や『The Equalizer / イコライザー (2014)』などで知られるアントワン・フークア監督がそんな面白いモハメド・アリを追った。HBOにて2夜連続で放送。

1971年3月8日、「世紀の一戦」と呼ばれるジョー・フレイザーとのタイトルをかけた対戦が行われようとしていた。モハメド・アリにとってプロになって初の負けとなる試合。そんなモハメド・アリのボクシング人生を追っていく。

最近のドキュメンタリー映画にしては珍しく、当時のインタビューや映像のみで構成されている。最近では、関係者が当時を語る映像が含まれることが多い。それは一切ない。足しているのは、ジェームス・ブラウンやアイズリー・ブラザーズの曲のみ。どちらかというと、同じモハメド・アリを追った名作『The Fighters / 日本未公開 (1971)』に近いものを感じる。でもその作品のような生々しさは控えめである。それでも、アントワン・フークア監督は分かっている。面白いモハメド・アリモハメド・アリを語らせるのが一番面白いと。なので、インタビュー映像や音声はモハメド・アリのが一番多い。そしてモハメド・アリ自身の人生も振り返っているが、それよりもアリの試合についてに重きを置いて、その試合の様子もアリがインタビューなどで語っている音声を被せているのが最高だ。観客にとって、それが一番聞きたい・知りたいことだし、それが一番面白いに決まっている。

これだけ面白い人物なので、モハメド・アリ関連の映画は無数に存在している。恐らく一番映画にされているアスリートであろう。なので残念ながら新鮮味はないし、大体のことは他の作品でも見て知っている。それでも、やっぱり笑ってしまう面白さと、感動してしてまたモハメド・アリを好きになってしまう部分はまだまだあった。

アリ!アリ!アリ!やっぱりこの人の名前を叫び続けたい。そしてまたこの人に魅了され続けたい。アリの名前は永遠だ!

(4.25点:1702本目)
www.blackmovie-jp.com