SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Trials of Muhammad Ali / 日本未公開 (2013)

Cast >> Muhammad Ali (archive footage), Louis Farrakhan, John Carlos, Rahaman Ali, Abdul Rahman, Hana Ali ...
Director >> Bill Siegel
Writer >>
Producer >> Rachel Pikelny
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 4

"We created cymbol"
世界中の誰もが彼の名を知り、そしてチャンプと言ったら誰でも彼の名前を思い浮かべるであろうモハメド・アリ。そのモハメド・アリベトナム戦争時に徴兵を拒否した理由、そしてそこに至るまでの過程、勝利を取り戻すまでを追うドキュメンタリー映画

彼の映画、そしてドキュメンタリーが制作され、そして鑑賞する度に書いているが、モハメド・アリほど映画になる男は居ない。少年期、青年期、ボクシング時代、ソニー・リストンとの戦い、そしてこの映画で描かれたようにベトナム戦争の徴兵を拒否し批判を浴びた暗黒時代、そしてそこからの復活、ランブル・イン・ジャングル、その前に行われたコンサート、引退、そして晩年...とどこを取っても1-2時間の映画が平気で出来てしまうのがモハメド・アリだ。そしてどこを取っても愛すべき、そして尊敬すべき人物である。今回はなぜ彼がベトナム行きを拒んだのか?これを見ると本当に良く分かる。しかしこの出来事はアリにとって一番辛かったであろう暗黒史でもある。TV司会者が必要以上にアリを追い込んでいくのも分かる。しかし今となっては、あの司会者達の名前を知る人々は世界中にどれだけいるんだろうか?私はアリの名前を知っていても、彼らの名前は知らなかった。そういう事だ。歴史が証明してくれるのだ。そして尋問で「カシアス・クレイさん」と言われると、「違う、私の名前はモハメド・アリです」と彼らが直すまで断固とした態度を崩さないアリ、最高にカッコいいのだ!

自信に満ち溢れた姿。プライドと信仰。男の生き様、いや彼の人間としての生き様はどこを取っても最高にカッコ良くて尊敬だ。

(4/16/14:TV放映にて鑑賞)