SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

アリと勝新が出会ったぁ。勝新ウルルン黒い魂滞在記『モハメッド・アリ 黒い魂』

モハメド・アリ勝新太郎...なんというハイブリット感!うっひょー!!!モハメド・アリ勝新も知る日本人ならテンション高くなる事間違いなしだ。でも絶対に観る事が出来ない映画だと思っていた。なにせメディアにはなっていないのだから。ってやさぐれて、ツイッターで呟いてみるものですね!なんでも日本のケーブルで放送したというじゃないですか!しかも、これリマスターしたんですか?という素晴らしい状態で!なんとぉおおおおおお!テンションウルトラマックスですよ。情報をくれたみなさん、ありがとうございました!

モハメド・アリが太陽をバックに登場。自分の言葉で自分を紹介。そして、画面は変わって、フォーク歌手リッチー・ヘヴンスのレコーディング風景。プロデューサーからの指示や、ヘヴンスからの他のミュージシャンへの確認などがされている。そこにモハメド・アリとリッチー・ヘヴンスの名前。そして「Stand Up Like A Man(男らしくそびえ立つ)」という英語題の文字。冒頭に戻ってモハメド・アリが太陽をバックに走る...

というドキュメンタリー映画モハメド・アリのプライベートな映像から、トレーニング風景に、試合映像までと中々の盛りだくさん。ってぇえええええええええええ!リッチー・ヘヴンスぅううううううう!!!ってなりました。勝新がリッチー・ヘヴンスが好きで、彼をこのドキュメンタリーに取り入れたのが、実は一番の驚きで嬉しさでした。しかもタイトルでモハメド・アリと名前が並んでいるじゃないですか!リッチー・ヘヴンスと言えば、1969年のウッドストック。あの伝説のウッドストックで一番最初のパフォーマーがリッチーヘヴンス。勝新はそこで知ったのかな?と思いました。で、そのリッチー・ヘヴンスがモハメド・アリを思って書かれたかのような歌を披露しながら、このドキュメンタリーは進んでいくのです。がぁああああ!凄い良い曲で欲しくなって調べたのですが、結局曲名も分からず仕舞い。この曲は恐らくですが、未発表曲。っていうプレミア感... 勝新、流石だわ!逆に、このヘヴンスの曲知っている人が居たら、教えて欲しい!お願いします。リッチー・ヘヴンスと言えば、『Django Unchained / ジャンゴ 繋がれざる者 (2012)』でカッコ良く効果的に使われていた「Freedom」ですね!劇中では使用されているのに、サントラには入っていないのが残念。

途中ね、モハメド・アリのあの独特なマイクパフォーマンス的な語りがあるのですが、突然日本語字幕なくなっているw。取り留めもなさ過ぎで、訳す事に飽きたor諦めたのかもしれないと思い、笑ってしまいました。

これの制作費が膨大に膨れ上がって、勝新は借金を抱え込んで、玉緒さんはずっと借金を払い続けた(たぶんこれだけが理由じゃないと思うけれど)という話を読んだのですが、やっぱり玉緒さんの前ではこの映画の話は禁句なのかな?思い切ってDVD化して、借金を少しでも取り戻して頂きたい!

あの自由過ぎた勝新が、最期まで自由を追い求め戦ったモハメド・アリとリッチー・ヘヴンスが好きって事を知れたのが、何か胸熱でした!

Ali, The Man / モハメッド・アリ 黒い魂 STAND UP LIKE A MAN (1974)(1565本目:4.5点)

今日の写真の拡大写真